« 喫煙率、過去最低の19・5% 12%の目標値設定へ | トップページ | 血圧測定は両腕で 左右の差、血管の病気発見に有効 »

2012年2月 1日 (水)

脂質異常症治療薬、認知症にも効果 福井大の濱野講師が発表

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

脂質異常症治療薬、認知症にも効果 福井大の濱野講師が発表 特集・医療最前線ふくい 福井のニュース :福井新聞 (2012年1月31日午後8時17分)

 高脂血症など脂質異常症の治療薬がアルツハイマー型認知症の予防や抑制にも有効であるとする研究成果を、福井大医学部の濱野忠則講師(46)が31日、同大松岡キャンパス(永平寺町)で会見し発表した。論文はオランダの国際科学誌「ニューロバイオロジー・オブ・エイジング」電子版に掲載された。

 認知症患者は全国に200万人いるとされ、中でもアルツハイマー型はその5~7割を占める。治療は症状を軽くする薬物投与が主で、根本的な治療法はないという。従来、脂質異常症の治療で一般的な薬「スタチン」を処方された患者に、発症が少ないとの研究はあったが、十分知られておらず、仕組みも分かっていなかった。

 濱野教授は、脳の神経細胞が死ぬ「神経原線維変化」と、その原因となる「タウタンパク」の変質に着目。アルツハイマー型の特徴のうち、これまであまり注目されてこなかったもので、2007年から研究を始めた。実験ではスタチンの一種「ピタバスタチン」の投与前後を比較し、投薬後はタウタンパクの変質をもたらす特定の酵素の活性が、大きく減少していることを確認。その結果として、細胞内の変質したタウタンパクが減少することも確かめた。

 論文は昨年11月29日発行の科学誌に掲載された。既に10年秋から、同病院の患者を対象にした臨床研究で、認知機能の改善具合などの検討を始めている。今後5年間でさらに100人程度で効果を検証する計画。

 濱野講師は「脂質異常症の薬が認知症にも効果があると示せた。既に安全性が確認された薬であり、3~5年以内の適用拡大を目指したい」と話した。さらにタウタンパクは「前頭側頭葉型」認知症など、他の神経変性疾患にも関係している点を指摘し「治療へのさらなる応用も期待される」と研究の進展にも触れた。(柴田裕介)

脂質異常症治療薬の良い意味での副作用。

最近の既存薬の新しい効用の発見では、「子宮内膜症に喘息治療薬」がある。

 過去記事

子宮内膜症抑制、ぜんそく治療薬が効果 産学3者が特許 12/01/21

既存薬の新効果見つけよう 慶大や14社 10/07/02

タウに触れた過去記事は

アルツハイマー病、9割の精度で診断 脳脊髄液を検査 10/08/10

|

« 喫煙率、過去最低の19・5% 12%の目標値設定へ | トップページ | 血圧測定は両腕で 左右の差、血管の病気発見に有効 »

認知症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 喫煙率、過去最低の19・5% 12%の目標値設定へ | トップページ | 血圧測定は両腕で 左右の差、血管の病気発見に有効 »