« 難病ALS、発症メカニズム解明…九大・慶大 | トップページ | 「脱法ハーブ」販売、142店で…氷山の一角か »

2011年12月29日 (木)

強壮剤から未承認成分検出…群馬県が回収指示

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

強壮剤から未承認成分検出…群馬県が回収指示 : 健康ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 群馬県は28日、高崎市緑町の「ランジェリーショップアマゾネス」が販売した強壮剤「刀覇 とうは」から、薬事法に違反する未承認の医薬品類似成分が検出されたとして、同店に販売中止と自主回収を指示した。

 店を経営する東京都内の業者などについても管轄する都に通報した。商品は今年8月から店頭に並び、約10個が販売済みという。 (2011年12月29日 読売新聞)

刀覇で検索してみると、この強精剤の成分は、朝鮮人参、冬虫夏草、ウコギ、ギムネマ、アガリクス、となっていて全て問題ない健康食品の組み合わせになっている。

違反成分については、群馬県のサイトに速報が掲載されている

原産国:台湾

検出成分:ヒドロキシホモシルデナフィル

  ヒドロキシホモシルデナフィルを含有し経口で摂取するものは、薬事法第2条第1項に規定する医薬品に該当し、製造販売承認を受けていない当該品を販売することは、無承認無許可医薬品の販売・授与等を禁止した同法第55条第2項の規定に違反します(無承認無許可医薬品の販売・授与等)。

  国内外で医薬品としては承認されておりませんが、シルデナフィルと同様の作用を示すことが実験的に確認されており、健康被害が発生するおそれを否定できません。

(参考)シルデナフィル
    国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠)として承認されてい ます。

などとある。

要するに勃起不全対応でバイアグラ類似成分をひそかに配合していながら、天然素材のみとうたっていたわけだ。

近隣の外国が原産の健康食品類には珍しくない事件ではある。

ご注意を。

|

« 難病ALS、発症メカニズム解明…九大・慶大 | トップページ | 「脱法ハーブ」販売、142店で…氷山の一角か »

薬のリスク」カテゴリの記事

食のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 難病ALS、発症メカニズム解明…九大・慶大 | トップページ | 「脱法ハーブ」販売、142店で…氷山の一角か »