« 放射性セシウム:乳児用食品は50ベクレル 厚労省、新規制値案 | トップページ | 食品の放射線量計測には不適当 測定器5機種をテスト »

2011年12月22日 (木)

タミフルで突然死増加?

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

タミフルで突然死増加? - MSN産経ニュース 2011.12.21 20:50

 平成21年に流行した新型インフルエンザ(当時)で死亡した国内約200人の分析から、治療薬タミフルの使用で容体が急変して死亡するリスクが高まったとする研究結果を、薬の安全性を調べているNPO法人「医薬ビジランスセンター」(大阪市)理事長の浜六郎医師らがまとめ、21日発表した。

 浜医師らは、21年8月~22年3月に当時の新型インフルエンザで死亡したとして厚生労働省が公表している約200人の経過を分析。タミフルを処方された112人のうち、処方後12時間以内に呼吸困難になった人が37人いた。一方、治療薬を処方されなかった25人で12時間以内に呼吸困難になったのは1人だった。

 これらの結果から、タミフルを処方された人の場合、容体が急変して死亡する危険性が、治療薬なしの場合と比べて、約3・8倍高いと推定されるとしている。

浜六郎先生らの発表は『薬チェックは命のチェック」のサイトのインターネット速報版No151にもある。

http://www.npojip.org/sokuho/111221.html

|

« 放射性セシウム:乳児用食品は50ベクレル 厚労省、新規制値案 | トップページ | 食品の放射線量計測には不適当 測定器5機種をテスト »

タミフル」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放射性セシウム:乳児用食品は50ベクレル 厚労省、新規制値案 | トップページ | 食品の放射線量計測には不適当 測定器5機種をテスト »