« 混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断 | トップページ | 福島県飯舘村で新たな除染試験 高濃度の土壌を焼却 »

2011年10月26日 (水)

男子も子宮頸がん予防ワクチンを 米で勧告

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):男子も子宮頸がん予防ワクチンを 米で勧告 - アピタル(医療・健康) 2011年10月26日14時0分

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて、米疾病対策センター(CDC)の予防接種に関する諮問委員会は25日、11~12歳の男子に対して定期接種を求める勧告を承認した。HPVは性交渉を通じて感染し、子宮頸(けい)がんを引き起こすことで知られるが、ほかにものどや肛門(こうもん)、性器などのがんの原因になるため、男子への定期接種が有効だと判断した。

 CDCは11~12歳の女子に対してHPVワクチンの定期接種を勧めている。米メディアによれば、今回の決定の背景には、男性が女性への感染源となっていることから、全体で感染率を下げる狙いもある。HPVワクチンが高価なこともあり、女子での初回接種率は半分程度にとどまっているという。(ワシントン=行方史郎)

こういう性がからむ問題の解決には、医療に加えてモラルや自然の摂理に対する理解を深める啓蒙・教育活動が不可欠だと思う。

|

« 混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断 | トップページ | 福島県飯舘村で新たな除染試験 高濃度の土壌を焼却 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断 | トップページ | 福島県飯舘村で新たな除染試験 高濃度の土壌を焼却 »