« アフタは体調悪化のサイン | トップページ | 男子も子宮頸がん予防ワクチンを 米で勧告 »

2011年10月25日 (火)

混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断 - アピタル(医療・健康) 2011年10月25日15時12分

 健康保険が使える保険診療と適用外の自由診療とを併せて受ける「混合診療」を原則として禁じている国の政策が適法かが争点となった訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷(大谷剛彦裁判長)は25日、「国の政策は適法」との判断を示した。そのうえで、保険診療分については保険が使える権利の確認を求めた患者の上告を棄却。患者側の敗訴が確定した。

 混合診療をめぐっては、「治療の選択は医師や患者に任せるべきだ」と容認する意見がある一方、安全面や医療格差の拡大を懸念する声があり、最高裁の判断が注目されていた。

 2007年11月の一審・東京地裁判決は「禁止に法的根拠はない」と患者側の請求を認めた。しかし、09年9月の二審・東京高裁判決は、1984年の健康保険法改正で国が特定の高度先進医療に限って例外的に混合診療を認めた点を踏まえ、「これ以外の混合診療は禁じていると解釈すべきだ」と述べ、一転して患者側敗訴としていた。

日本医師会のホームページに「日本医師会は、混合診療の容認に反対します!」とあり、混合診療解禁にはっきり反対している。

患者側も医療を提供する医師側も半数以上混合診療解禁に賛成しているという日経ビジネスの調査報告がある。
患者は7割、医師は6割が「混合診療は原則解禁すべき」 木村憲洋 2010年6月22日

人のしあわせの要素には、健康(医療)のほかに、衣、食、住、教育などいろいろあるし、社会のシステム上の平等、公平などの尺度でもよく考えてみなければいけない重要な問題だと思う。

財政破たんの健康保険の問題もからんでややこしい。

|

« アフタは体調悪化のサイン | トップページ | 男子も子宮頸がん予防ワクチンを 米で勧告 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アフタは体調悪化のサイン | トップページ | 男子も子宮頸がん予防ワクチンを 米で勧告 »