« 福島県飯舘村で新たな除染試験 高濃度の土壌を焼却 | トップページ | セシウム海洋流出、東電公表の20倍…仏研究所 »

2011年10月28日 (金)

食の新基準「セシウム上限1ミリシーベルト」 4月にも

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):食の新基準「セシウム上限1ミリシーベルト」 4月にも - アピタル(医療・健康) 2011年10月28日11時31分

 小宮山洋子厚生労働相は28日の閣議後会見で、食品に含まれる放射性物質の新基準をつくるにあたり、算定根拠となる年間の被曝(ひばく)許容量について「放射性セシウムは年間1ミリシーベルトを基本に検討する」と発表した。現在のセシウムの暫定基準は年間5ミリシーベルトで、5倍の厳しさになる。新基準の施行は来年4月を目指す意向も示した。

 理由として、(1)食品の国際規格を決めるコーデックス委員会が年間1ミリシーベルトを超えないよう食品の基準を設定している(2)食品の放射性物質の検査数値が低下傾向である――などを挙げた。

 年明けまでに食品ごとの基準値案をまとめ、文部科学省の審議会などに意見を聞いた上で、来年4月に施行する方針だ。ただし、施行前に流通している食品にについては、現在の暫定基準を適用する経過措置をとるとしている。

食品安全委員会は生涯被曝量の基準を100ミリシーベルトに設定している。

年間被曝許容量を1ミリシーベルトとして、平均寿命に照らすと生涯許容量は80ミリシーベルトくらいの計算になるように思うが。

すり合わせは無用なのだろうか。

|

« 福島県飯舘村で新たな除染試験 高濃度の土壌を焼却 | トップページ | セシウム海洋流出、東電公表の20倍…仏研究所 »

放射線」カテゴリの記事

食のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福島県飯舘村で新たな除染試験 高濃度の土壌を焼却 | トップページ | セシウム海洋流出、東電公表の20倍…仏研究所 »