« 混合診療巡る上告審、25日判決 「禁止は適法」維持へ | トップページ | そのシミ、縄文型の肌だから? ポーラが仮説、研究へ »

2011年10月15日 (土)

漢方薬原料の生薬、9種類23検体から放射性セシウム

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

漢方薬原料の生薬、9種類23検体から放射性セシウム - MSN産経ニュース 2011.10.14 23:29

 今年3月以降に採取された漢方薬の原料に使用する国産生薬35種類109検体について、日本漢方生薬製剤協会が放射性物質の検査を行ったところ、9種類23検体で放射性セシウムが検出され、このうち3種類9検体は食品衛生法の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超えていたことが14日、日本製薬団体連合会(日薬連)の報告で分かった。

 現在製品化されている漢方薬で3月以降に採取した生薬を使っていたのは1製品のみで、この製品の生薬からは放射性物質は検出されていない。

 薬事法は、放射性物質が少しでも検出された生薬を含む漢方薬の販売を禁じている。日薬連から報告を受けた厚生労働省は同日、各都道府県を通じ、医薬品製造販売業者などに対して、念のため3月以降に採取した生薬を使用した漢方薬を自主回収したうえで、今後は生薬を生産する市町村単位ごとに検査を行うことなどを求めた。

最近中国産の漢方薬の輸入価格がが急騰している。

そのため日本の生薬問屋さんは軒並みに卸価格の2、3割の値上げを余儀なくされている。

そこへ国内産の漢方薬に放射線汚染の問題が加わってくると影響は甚大。

関連過去記事はカテゴリ「漢方薬」にあり。

|

« 混合診療巡る上告審、25日判決 「禁止は適法」維持へ | トップページ | そのシミ、縄文型の肌だから? ポーラが仮説、研究へ »

漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 混合診療巡る上告審、25日判決 「禁止は適法」維持へ | トップページ | そのシミ、縄文型の肌だから? ポーラが仮説、研究へ »