« インフル予防トローチ発売中止 医薬品と誤解の恐れ | トップページ | 混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断 »

2011年10月24日 (月)

アフタは体調悪化のサイン

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

口福学入門:/9 アフタは体調悪化のサイン=山根源之 - 毎日jp(毎日新聞)

 口の中が痛くなったり、腫れたりすると歯周病以外をすべて口内炎と思う人が多いようです。ところが、白い部分や赤い部分が見られる場合は、白板症などの別の病気が疑われます。口腔(こうくう)がんの可能性もありますので注意が必要です。

 さて、口内炎は歯肉とそのほかの口腔内に炎症が広がっている症状を指します。炎症ですから、痛み、赤み、腫れが特徴で原因も推測できます。典型的な口内炎は、「アフタ」と呼ばれ、直径2~10ミリの黄白色の円形の小潰瘍とその周囲の赤い帯状の部分から成ります。アフタの出来始めはとても痛く、食事や話ができず、集中力も低下します。周囲の人には口の中のトラブルなど全く見えませんので、大きなストレスになります。残念ながらはっきりした原因は分かりませんが、健康状態が関係していることは間違いありません。

 繰り返しアフタができる方はよくご存じかもしれませんが、疲れがたまったり、寝不足が続いたり、風邪や下痢の後など体調不良になると出やすいようです。さらに、ビタミン不足やホルモンバランスの影響もあり、女性に多くみられます。生理のたびに繰り返すため、生理の際の一つの症状とあきらめている方もいるようです。

 アフタの発生は、全身的な問題だけでなく、口の中に原因が見られる場合があります。虫歯で欠けた歯、治療した金属が壊れた歯、ぐらぐらしている歯、不安定な義歯などです。これらは舌やほおの粘膜を傷つけ、持続した刺激では深い潰瘍を作ります。そこまでひどくならなくてもアフタを作るきっかけになります。また、歯のすき間の食片を舌で取り除く癖も、粘膜に刺激を与えるので要注意です。

 口腔粘膜用軟こうは痛みを早く取り、症状を和らげます。また、口の中を清潔に保てば1週間ほどで治ります。ただし、体調が悪いサインであることは心に留めてください。

 繰り返しアフタができる病気には、自己免疫疾患のべーチェット病があります。まれな病気ですが、外陰部の潰瘍や、目や皮膚の症状が同時に起こります。アフタを繰り返す方はチェックが必要です。(やまね・げんゆき=東京歯科大名誉教授)=次回は11月7日掲載 2011年10月24日 東京朝刊

最近口内炎の相談が多いように感じる。

 

漢方薬をお望みの方には八珍湯の加方をお勧めすることが多い。

 

八珍湯は四物湯と四君子湯という二つの処方を合わせた処方。

 

これにさらに数種の消炎作用のある漢方薬を加えたエキス剤が市販されていて、これが奏効している。
建林松鶴堂というメーカーから豊心という商品名で出ている。

 

クマ笹エキス「ササヘルス」も劇的に効くことがよくある。

|

« インフル予防トローチ発売中止 医薬品と誤解の恐れ | トップページ | 混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断 »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフル予防トローチ発売中止 医薬品と誤解の恐れ | トップページ | 混合診療禁止は「適法」 最高裁が初判断 »