« ポリオワクチン 「生」か「不活化」か、来年まで待つか | トップページ | HIV発症が早期化…ウイルス変異大規模調査へ »

2011年9月 8日 (木)

治癒B型肝炎、新薬治療で劇症化…18人死亡

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

治癒B型肝炎、新薬治療で劇症化…18人死亡 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

いったん完治したと考えられていたB型肝炎が、リウマチや血液がんなどの治療薬で体の免疫が低下したことをきっかけに再発し、劇症肝炎を起こして死亡する例もあることが厚生労働省研究班(研究代表者・持田智埼玉医大教授)などの調査でわかった。

201109081023651n

 近年、強い免疫抑制作用のある新薬や治療法が相次いで登場し、治療効果を上げているが、想定外の肝炎の再発の危険が明らかになり、ウイルス検査体制の整備が緊急の課題となっている。

 B型肝炎ウイルスの感染歴のある人は50歳以上では約2割、全国で1000万人以上とみられる。うち100万~130万人が血中にウイルス抗原が検出される持続感染者(キャリアー)とされる。問題なのは感染しても自然に治り、自分でも感染したことを知らない人も多いことだ。

 だが、治ってもウイルスの遺伝子は体内に潜み続ける。近年、免疫抑制効果の高い薬が相次いで登場し、治療をきっかけに再発する例が出てきた。

 研究班が2010年度から、全国約100施設で感染歴のある患者235人を調べたところ、リウマチや血液がんなどの治療中に14人(6%)でウイルスが再活性化していた。

 厚労省研究班の劇症肝炎の全国調査では、04年から09年にB型肝炎ウイルスの感染歴がある17人が、悪性リンパ腫や白血病、乳がんなどの治療をきっかけに劇症肝炎を発症していた。これとは別に09年、兵庫県内で感染歴のある70歳代の女性がリウマチの治療後に劇症肝炎を起こしたという報告がある。いずれも通常の劇症肝炎より治療が難しく、全員が死亡した。再活性化の実態調査は、これを受け、急きょ実施された。

(2011年9月8日 読売新聞)

使われていた薬がこの記事では不明。
リウマチの治療薬として近年汎用され効果が大きいメトトレキサートやインフリキシマブ、エタネルセプトといった抗サイトカイン作用の生物学製剤は免疫力を低下させるので、感染症にかかる副作用に対して慎重に観察しながら使われる。
肝臓のチェックが不足なのか肝臓の異常を見つけたときには手遅れなのか。
今後は肝臓の観察もより丁寧にされるようになるでしょう。

副作用の軽減のためにも併用する漢方薬の活用を考えてほしいとも思う。

|

« ポリオワクチン 「生」か「不活化」か、来年まで待つか | トップページ | HIV発症が早期化…ウイルス変異大規模調査へ »

医療」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポリオワクチン 「生」か「不活化」か、来年まで待つか | トップページ | HIV発症が早期化…ウイルス変異大規模調査へ »