« HIV発症が早期化…ウイルス変異大規模調査へ | トップページ | デング熱感染リスク郊外が高い…長崎大が証明 »

2011年9月10日 (土)

男の更年期 軽視するな…LOH症候群 趣味を持ち 生き生きと

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

男の更年期 軽視するな…LOH症候群 趣味を持ち 生き生きと+(1/2ページ) - MSN産経ニュース 2011.9.9 08:07

 中高年齢層を中心に男性ホルモンが減る病気が増えている。「男の更年期障害」などと呼ばれることが多かったが、女性の更年期と意味合いが違い、一定の時期を過ぎても症状がよくならないことが多いという。専門家は「男の更年期を軽視するな」といい、「LOH(ロー)症候群」と呼んで警鐘を鳴らす。(日出間和貴)

                   ◇

 7月、神奈川県鎌倉市の寺で、泌尿器科を中心とする男性医学の専門家らが集まった「日本メンズヘルス医学会」が開かれた。テーマは、中高年男性の間で増える「更年期障害」。疲労感や抑鬱感、睡眠障害、性欲の低下…。40代以降の更年期障害がQOL(生活の質)を低下させ、生活習慣病を誘発する例が報告された。

ホルモン低下に備え

 注目されたのが「LOH症候群」だ。男性ホルモンの低下が引き金になって心身に引き起こされるさまざまな病気。専門医らによる「LOH症候群診療ガイドライン検討ワーキング委員会」がまとめた報告書も、「男性更年期障害の病態は複雑で診療現場で混乱を招いている」と指摘している。

 また、東京大学高齢社会総合研究機構の秋山弘子特任教授の調査によると、生活の自立度で男女を比較すると、男性の2割が63~65歳を境に自立度を失い、女性に比べて下降カーブが急だ。言い換えれば、加齢とともに減少する男性ホルモンに対する「備え」が必要ということだ。

毎日を楽しく

 「更年期の『更』には人生をリセットする意味がある。女性の更年期は期間限定で、更年期を終えた後は元気にスタートさせることができる。一方、男性は個人差がある。我慢しても一向に治らないことがあり、寿命にも影響する。女性の更年期よりも深刻で、専門家の間では(誤解を招きやすい)男性更年期障害の代わりに、LOH症候群と呼ぶことが多くなってきた」

 こう指摘するのは、国内でも数少ない「男性更年期専門外来」を開く帝京大の堀江重郎主任教授だ。男性ホルモンの中でも重要な働きをするのがテストステロンで、QOLの指標とされる。このホルモンが十分に分泌されている時期は内臓脂肪の蓄積が少ないという。

 堀江教授によると、この数値を上げるには「日頃の生活姿勢」が大切で、(1)毎日を楽しく、生き生きと過ごす(2)ボランティアなどの社会活動を通して、他人とのコミュニケーションを増やす(3)スポーツやダンスなど適度に体を動かす-などが望ましい。簡単にセルフチェックできる方法があるという。勃起不全の状態が1カ月間続くようであれば、LOH症候群の疑いがあると心得ておきたい。

 堀江教授は「男性ホルモン値が高い人ほど、世の中のゆがみや不正に立ち向かうリーダーシップを発揮する傾向がある。東日本大震災といった過酷な状況の中でも、みんなと力を合わせて立ち上がろうとする気持ちがテストステロン値を上げ、元気になることにつながる」と話している。

                  ◇

用語解説LOH症候群

 男性ホルモンのテストステロンが減少して起きる病気。「加齢男性性腺機能低下症候群」「低テストステロン症」と呼ばれ、加齢やストレスによって心身に男性更年期のような変化をきたし、性機能の衰えが頻繁にみられる。40代後半以降の中年男性が多く、放っておくと高齢になっても症状が続く。米国では、ホルモンバランスを改善するためのホルモン療法が盛んに行われている。規則正しい食生活も大切で、ゴボウやニンジン、ヤマイモなどの根菜類やタマネギ、ニンニクも男性ホルモンの分泌を促すとされる。

LOHは、late onset hypogonadism syndrome の略。

関連過去記事

男性更年期障害 09/02/27

■男性更年期障害チェックリスト

(1)性欲の低下を感じる

(2)元気がなくなってきた

(3)体力、持続力の低下を感じる

(4)身長が低くなった

(5)日々の楽しみが少なくなった

(6)もの悲しい、怒りっぽい気分がある

(7)勃起力が弱くなった

(8)運動する能力の低下を感じる

(9)夕食後にうたた寝をすることがある

(10)仕事の能力が低下したと感じる

※「はい」が3つ以上、(1)(7)どちらかが「はい」だと男性更年期障害の可能性が高い。

 (伊藤直樹・NTT東日本札幌病院医師のリストを元に作成)

実は、この症状は漢方の得意分野です。
漢方にはとてもきめ細やかな対応策が整備されています。

老化による衰えは、労とか虚勞という概念でとらえることができます。
労は疲労の労です。

漢方では五つの臓器についてみていきます。
肝・心・脾・肺・腎のどの臓が疲労しているか、虚しているかをみて、そこを天然自然のもので補うという対応をとります。
もし実しているものがあれば、それは瀉します。

上の10項目をみると、加齢によって出てくる、腎虚・腎労と心の虚・労のウエイトが大きいといえます。

あとは、五臓のバランスとひとの構成要素である気・血・水のバランスが重要です。
くずれを補正する処方で対応します。

高齢者の臓腑の機能が減衰してくるのは自然の摂理であり、青年と同じように活動ができることなどありえません。

五臓が歳相応に、バランスよく衰えてくるのなら、レベルは低くとも生活・活動に支障を来たしません。

漢方的な生理学、病理学に基づいて、衰えた臓腑を立て直して、バランスをとりもどして、歪を是正して更年期障害の症状を霧散させようというわけです。

|

« HIV発症が早期化…ウイルス変異大規模調査へ | トップページ | デング熱感染リスク郊外が高い…長崎大が証明 »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HIV発症が早期化…ウイルス変異大規模調査へ | トップページ | デング熱感染リスク郊外が高い…長崎大が証明 »