« 夏バテからの回復にオルニチン アンモニア解毒し肝機能改善 | トップページ | がんのサポート外来 “次の一手”が患者の救いに »

2011年9月26日 (月)

提供卵子で高血圧症6倍 妊娠、出産の危険性増加 愛育病院調査

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

提供卵子で高血圧症6倍 妊娠、出産の危険性増加 愛育病院調査 - MSN産経ニュース 2011.9.26 14:41

 第三者から卵子の提供を受ける不妊治療で妊娠した場合、妊娠高血圧症候群になる割合が、通常の体外受精に比べ約6倍になるなど、妊娠や出産の危険性が高まるとの調査結果を愛育病院(東京)のチームが26日までにまとめた。

 2000~10年に海外で卵子提供を受けて妊娠、同病院で出産した33~50歳の17人と、自分の卵子で体外受精した24~47歳の647人とを比較。妊娠高血圧症候群になる割合は、自分の卵子では7%だったのに比べて提供卵子では41%と約6倍になったほか、癒着胎盤や前置胎盤など胎盤異常の発生割合が提供卵子では7~9倍に増加。帝王切開手術で輸血が必要になる割合は10倍に達した。

 詳しいメカニズムは不明だが、卵子提供を受けた場合、妊娠するために体内に入れる受精卵は完全に他人由来の細胞になる。このため免疫がより強く働くことが原因と考えられるという。

自然の摂理にもとる行為はどこかに歪みやしわ寄せが来るということらしい。

|

« 夏バテからの回復にオルニチン アンモニア解毒し肝機能改善 | トップページ | がんのサポート外来 “次の一手”が患者の救いに »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏バテからの回復にオルニチン アンモニア解毒し肝機能改善 | トップページ | がんのサポート外来 “次の一手”が患者の救いに »