« NK細胞の新培養法開発 | トップページ | LOTUS:中枢神経の再生を促進 マウスの脳で発見 »

2011年8月 6日 (土)

寿命延ばす物質特定 ローヤルゼリーのデセン酸、アピ研究

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

寿命延ばす物質特定 ローヤルゼリーのデセン酸、アピ研究 - 岐阜新聞 Web 2011年08月06日10:11

 総合健康食品メーカーのアピ(岐阜市加納桜田町)は、東京都健康長寿医療センター研究所などとの共同研究で、ローヤルゼリーに含まれる脂肪酸の一種「デセン酸」が寿命を延ばす効果があることを、線虫を使った実験で突き止めた。ローヤルゼリーの成分で寿命を延ばす効果がある物質が特定されたのは初めて。将来、人間の寿命にかかわる遺伝子の解明などにつながる成果として、9日に米国のオンラインジャーナル「PLos ONE」電子版で発表する。

 共同研究はアピの研究開発機関の長良川リサーチセンター、同研究所、岐阜県国際バイオ研究所などが3年前から取り組んできた。

 デセン酸はローヤルゼリー特有の物質で、その含有量によってゼリーの品質が決まる。これまで効能については明らかになっていなかった。

 実験では、寿命が3~4週間と短く、寿命に影響を与える物質の探索に使われる線虫を使用。線虫にデセン酸を与えたところ、寿命が最長で12%程度延びた。今後はより高等な生物での研究を進め、デセン酸の詳しい働きなどを調べていく。

 長良川リサーチセンターの市原賢二センター長は「ローヤルゼリーの成分はまだ未知の部分が多い。今回の成果で健康への効用の可能性が広がった」と語り、東京都健康長寿医療センター研究所の本田修二研究員は「人の寿命に関与する遺伝子を探る上で良い材料。米国で盛んな遺伝子研究に、日本から研究成果を発信したい」と語った。

ローヤルゼリーもプロポリスもミツバチが造り出す。

ミツバチをもっと大切に。

ハチミツにも正しく高い認識が広まってほしい。

|

« NK細胞の新培養法開発 | トップページ | LOTUS:中枢神経の再生を促進 マウスの脳で発見 »

ミツバチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NK細胞の新培養法開発 | トップページ | LOTUS:中枢神経の再生を促進 マウスの脳で発見 »