« 脳血栓、夏こそ注意 節電、怖いのは熱中症だけじゃない | トップページ | NK細胞の新培養法開発 »

2011年8月 4日 (木)

脳卒中や心筋梗塞…食物繊維でリスク減 厚労省研究

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):脳卒中や心筋梗塞…食物繊維でリスク減 厚労省研究 - アピタル(医療・健康) 2011年8月4日11時45分

 野菜などに含まれる食物繊維を多く食べる女性ほど脳卒中や狭心症、心筋梗塞(こうそく)などの循環器病のリスクが低くなることが、厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がん研究センター予防研究部長)の調査でわかった。男性でも、非喫煙者には同じ傾向がみられた。

 研究班は岩手県などの45歳以上の男女約8万7千人を約10年間、追跡調査。男女別に食物繊維の摂取量の少ない順に同人数ずつ5グループにわけ、脳卒中などの発生頻度を比較した。

 女性では、1日の食物繊維摂取量の推計が平均8グラムと一番少ないグループに比べ、摂取量の一番多いグループ(同22グラム)は循環器病の発症リスクが35ポイント低かった。海藻類に含まれるような水溶性の食物繊維より、ゴボウなどに含まれる水に溶けない食物繊維の方が、脳卒中のリスクを下げる効果が高いこともわかった。

Tky201108040133_2

男性では食物繊維摂取量と発症とに関係が小さいのは何故なんだろう。

女性に少なく男性に多いリスク因子が関係しているからだろうか。

飲酒、喫煙、肥満、偏食など。

|

« 脳血栓、夏こそ注意 節電、怖いのは熱中症だけじゃない | トップページ | NK細胞の新培養法開発 »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳血栓、夏こそ注意 節電、怖いのは熱中症だけじゃない | トップページ | NK細胞の新培養法開発 »