« 医療行為の一部行う特定看護師を養成 藤田保健衛生大 | トップページ | 七万人が自宅を離れてさまよっている時に国会はいったい何を »

2011年7月30日 (土)

冷房我慢しないで…高齢者熱中症、6割が自宅で

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

冷房我慢しないで…高齢者熱中症、6割が自宅で : シニアニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

昨年の夏に熱中症で救急搬送された65歳以上の患者のうち6割は自宅で発症していたことが、筑波大学と国立環境研究所の調査でわかった。

 研究チームは、「節電が求められているが、高齢者は冷房を控えないように」と警告している。

 救急車で運ばれた熱中症患者の年齢や当日の最高気温などを北海道から沖縄までの20自治体についてまとめた、環境研の「熱中症患者速報」を分析した。

 その結果、自宅で発症した人の割合は、19~39歳が17%だったのに対し、65歳以上では61%に上っていた。

 高齢者にとって、自宅が熱中症を避ける安全な場所になっていないことが浮き彫りになった。

 高齢者は、熱中症にかかると重症化しやすく、暑さも感じにくくなる傾向がある。研究チームは「高齢者が冷房を我慢する傾向は、節電の影響で例年以上に高まるだろう。命を守るためにも、高齢者は冷房を我慢すべきではない」と話している。

(2011年7月30日 読売新聞)

関連過去記事

熱中症、60歳以上は特に注意 10年07月22日のブログ

熱中症死者 30年前の6倍 冷暖房慣れも影響か 10年07月23日のブログ

今夏の熱中症搬送、全国で3万人超 半数が65歳以上 10年08月20日のブログ

|

« 医療行為の一部行う特定看護師を養成 藤田保健衛生大 | トップページ | 七万人が自宅を離れてさまよっている時に国会はいったい何を »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 医療行為の一部行う特定看護師を養成 藤田保健衛生大 | トップページ | 七万人が自宅を離れてさまよっている時に国会はいったい何を »