« 小学校の泥からセシウム 基準値の2倍、茨城 | トップページ | タイ製やせ薬で健康被害多発 厚労省が注意喚起 »

2011年7月 7日 (木)

4大疾病、精神疾患加え5大疾病に 厚生労働省

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

4大疾病、精神疾患加え5大疾病に…厚生労働省 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

厚生労働省は6日、「4大疾病」と位置付けて重点的に対策に取り組んできたがん、脳卒中、心臓病、糖尿病に、新たに精神疾患を加えて「5大疾病」とする方針を決めた。

 うつ病や統合失調症などの精神疾患の患者は年々増え、従来の4大疾病をはるかに上回っているのが現状で、重点対策が不可欠と判断した。

 同省は同日、国の医療政策の基本指針に精神疾患を加える方針を社会保障審議会医療部会で示し、了承された。この指針を基に都道府県は地域医療の基本方針となる医療計画を作る。

 4大疾病は2006年に重点対策が必要な病気として指針に明記。それを受けて都道府県が、診療の中核を担う病院の整備や、患者を減らすための予防策など、具体的な対策を立てた。医療計画は5年に1度見直され、次回は13年に予定している都道府県が多い。

 同省の08年の調査では、糖尿病237万人、がん152万人などに対し、精神疾患は323万人に上る。また自殺者は近年、年間3万人を超えているが、多くは何らかの精神疾患を抱えているとされる。

 精神疾患の急増の背景には、不況などによる社会不安の広がりや、この病気に対する認知度が高まって受診への抵抗感が薄れていることがあるとみられる。

 4大疾病 06年の医療法改正で、▽患者が多く、対策の緊急性が高い▽きめ細かな対応が求められる―などの条件を満たす病気として指定された。都道府県は、4大疾病と5事業(救急、災害、へき地、周産期、小児)ごとに、目指す医療体制を地域保健医療計画に盛り込み、実現に向けて取り組むことが義務づけられた。

(2011年7月7日 読売新聞)

指定されている疾病は現代の保険医療が効力を発揮し切れていない、充分には対応しきれていないことの裏返し。
東洋医学や代替医療の活用を進めることで改善をはかるべき。

|

« 小学校の泥からセシウム 基準値の2倍、茨城 | トップページ | タイ製やせ薬で健康被害多発 厚労省が注意喚起 »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小学校の泥からセシウム 基準値の2倍、茨城 | トップページ | タイ製やせ薬で健康被害多発 厚労省が注意喚起 »