« 薬のネット販売、初の立件へ 薬品会社長を近く書類送検 | トップページ | らっきょうの甘酢漬け(再掲) »

2011年6月 1日 (水)

携帯電話で脳腫瘍の可能性?危険度コーヒー並み

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

携帯電話で脳腫瘍の可能性?危険度コーヒー並み : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 【ジュネーブ=佐藤昌宏】世界保健機関(WHO)の専門組織「国際がん研究機関」(本部・仏リヨン)は31日、携帯電話が発する電磁波で脳腫瘍にかかる危険性が限定的だが認められるとの見解を発表した。

 国際がん研究機関は見解の中で、これまで発表された論文などを再検討した結果だとして、「携帯電話使用と脳腫瘍の一種である神経膠腫には関連がみてとれる」と指摘した。

 ただ、今回の評価では、携帯電話使用と発がんの因果関係は5段階の分類で3番目と、コーヒーの摂取やガソリンの排ガス吸引などと同じレベルとされた。因果関係が最も確かなレベルに分類されている喫煙などと比べると不確かな部分が多い。

 国際がん研究機関は、昨年5月には「携帯電話の使用が脳腫瘍にかかる危険性を増やすとは認められない」との調査結果を発表していた。今回はこれを修正した格好だが、「携帯電話を使えばがんにかかるということを意味するものではない」と改めて強調している。

(2011年6月1日 読売新聞)

日本の総務省電波環境課は「現時点では問題がないと考えている」という。

携帯の危険性、総務省「現時点で問題ない」 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 総務省は1日、世界保健機関(WHO)の専門組織「国際がん研究機関」が携帯電話の電磁波で脳腫瘍にかかる危険性が限定的だが認められるとの見解を発表したことに対して、2003年に総務省の専門委員会が発表した研究結果を基に、「現時点では問題がないと考えている」(電波環境課)と指摘した。

 ラットを使った実験では、携帯電話から発生する電磁波を2年間脳に受けても、脳腫瘍の発生にはつながらないとの結果だったという。携帯電話業界では、KDDIは1日、「結果が発表されたばかりで、内容を精査している。現段階でコメントはできない」(広報担当者)と述べた。

(2011年6月1日 読売新聞)

関連過去記事

帯の電磁波:子どもへの影響は? 09/04/21

|

« 薬のネット販売、初の立件へ 薬品会社長を近く書類送検 | トップページ | らっきょうの甘酢漬け(再掲) »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬のネット販売、初の立件へ 薬品会社長を近く書類送検 | トップページ | らっきょうの甘酢漬け(再掲) »