« 世界初、血液検査で消化器がん発見…精度9割 | トップページ | 永久歯 多寡、どう治療? 乳歯温存、抜歯… 専門医少なく保険の適用外 »

2011年6月22日 (水)

アルツハイマー病やALS、進行抑える物質生成

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

アルツハイマー病やALS、進行抑える物質生成 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 名古屋大学環境医学研究所の錫村明生教授らの研究グループが、アルツハイマー病や、悪化すると全身がまひする「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」などの進行を抑えるたんぱく質の生成に成功したと、21日付の米科学誌プロスワン電子版に発表した。

 発表によると、錫村教授らのグループは、漢方薬の原料である「甘草」の主成分が、脳内で多くなるとアルツハイマー病などを引き起こす「グルタミン酸」の大量放出を抑える効果があることを発見した。

 この成分を、末端の血管から脳内に行き渡りやすくするため、化学合成して新たなたんぱく質「INI0602」を生成した。マウスの実験でも、効果が裏付けられたという。

 錫村教授は「これまでの治療法と違い、症状を根本的に抑えられた。新薬の開発につながる成功で、今後は、薬になじみやすいよう改良したい」と話している。

 グルタミン酸はアミノ酸の一種で、脳内に侵入したウイルスを免疫細胞が“退治”する際、副産物として放出される。量が多くなると神経細胞を傷つけ、アルツハイマー病などの原因になることが知られている。

(2011年6月22日 読売新聞)

論文はネット上に公開されている。

http://ueharazaidan.yoshida-p.net/houkokushu/Vol.24/pdf/147_report.pdf

|

« 世界初、血液検査で消化器がん発見…精度9割 | トップページ | 永久歯 多寡、どう治療? 乳歯温存、抜歯… 専門医少なく保険の適用外 »

ALS」カテゴリの記事

認知症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界初、血液検査で消化器がん発見…精度9割 | トップページ | 永久歯 多寡、どう治療? 乳歯温存、抜歯… 専門医少なく保険の適用外 »