« 東電原発事故で放射性物質漏出 学校給食の食材に不安訴える保護者 | トップページ | 子ども108人が嘔吐や腹痛 福井の3施設、ノロなど感染か »

2011年5月26日 (木)

タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 インフルエンザ治療薬タミフルは、幼いサルの脳に取り込まれやすいことを、理化学研究所分子イメージング科学研究センター(神戸市)と東京大のチームが実験で明らかにした。

 ネズミでは同じ傾向がみられたが、人に近いサルでも確認されたことで、子供への投与のあり方を巡り議論を呼ぶ可能性もある。米放射線医学誌6月号で発表する。

 体内での薬の動きを観察できる陽電子放射断層撮影(PET)装置を使い、タミフルを投与したアカゲザルの脳内濃度を調べた。

 人間なら10歳未満の生後9か月のサルは、5~6歳(人間の成人相当)のサルと比べ、投与してから20秒後に平均2・5倍濃度が高まった。人間なら10歳代の2歳のサルも2倍濃度が高くなった。脳に取り込まれるスピードを解析すると、9か月~2歳のサルは大人の1・3倍速いこともわかった。

(2011年5月26日 読売新聞)

徐々に明らかになってくるタミフルの動態。

|

« 東電原発事故で放射性物質漏出 学校給食の食材に不安訴える保護者 | トップページ | 子ども108人が嘔吐や腹痛 福井の3施設、ノロなど感染か »

タミフル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東電原発事故で放射性物質漏出 学校給食の食材に不安訴える保護者 | トップページ | 子ども108人が嘔吐や腹痛 福井の3施設、ノロなど感染か »