« 厚生労働省 メタボ健診、見直し開始 | トップページ | 飲食店への規制強化へ 焼き肉店食中毒、死者3人に »

2011年5月 4日 (水)

細菌検査せずユッケに…「菌つかないと思った」

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

細菌検査せずユッケに…「菌つかないと思った」 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の店舗で食事した富山県高岡市と福井市のいずれも6歳の男児が、腸管出血性大腸菌「O(オー)111」に感染し、死亡した集団食中毒で、同チェーンを運営するフーズ・フォーラス社は2日、金沢市の本社で記者会見し、厚生労働省の基準で生肉を提供する際に求められている細菌検査を実施していなかったことを明らかにした。

 男児2人はいずれも、先月16日に仕入れた加熱用肉を生のまま調理したユッケを食べて発症した可能性が高く、同社の勘坂康弘社長は「認識に甘さがあった」と謝罪した。

 厚労省は基準で、生肉を提供する店に対し、肉のサンプルをとって細菌検査することを指導している。検査では、刻んだ肉を培養液に入れて大腸菌などの有無を調べる。同社は2009年7月を最後に検査を行っておらず、勘坂社長は「一度も陽性反応が出なかったので、肉に菌が付くことはないと思った」と話した。

(2011年5月3日 読売新聞)

生肉の調製には菌の汚染を防ぐ原則があるはず。

汚染は肉の表面から始まるので表面はそぎ落とし使用しない、
手指は洗浄除菌してとりかかる、
調理器具・布巾等は汚染しないよう洗浄・殺菌したものを使用し、
調理の間に汚染しないよう気をつける、
調理して時間を置くことなく提供する など。

きちんとしたマニュアルがあって遵守していたのだろうか。

生食への警告はメディアの最近の報道でよくなされ、ブログでも取り上げていた。

岩見沢食中毒、調理用具の洗浄不足 11/02/24

カンピロバクター食中毒 生肉抵抗感薄れ急増  10/08/16

食中毒にご用心 意外な盲点 10/07/16

|

« 厚生労働省 メタボ健診、見直し開始 | トップページ | 飲食店への規制強化へ 焼き肉店食中毒、死者3人に »

食のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 厚生労働省 メタボ健診、見直し開始 | トップページ | 飲食店への規制強化へ 焼き肉店食中毒、死者3人に »