« タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験 | トップページ | 腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人 »

2011年5月27日 (金)

子ども108人が嘔吐や腹痛 福井の3施設、ノロなど感染か

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

子ども108人が嘔吐や腹痛 福井の3施設、ノロなど感染か 社会 福井のニュース :福井新聞 (2011年5月27日午前7時00分)

 福井県福井市進明中と松本小、私立ふじしま保育園で23~26日にかけ、嘔吐(おうと)や腹痛、下痢の症状を訴える子どもが相次いだ。26日現在、3施設で108人が症状を訴えており、学校は学級閉鎖の措置を取った。県によると入院した子どもはおらず、症状は軽い。県はノロウイルスなどの集団感染とみて、3施設の関連を調べている。

 県によると、進明中では23日、1年の女子生徒が給食後に嘔吐。25日には1年を中心に1~3年44人が症状を訴え、24人が欠席した。特に嘔吐した女子が在籍するクラスを含む1年の2クラスで欠席者が18人と集中したため、同校はこの2クラスを26日の1日間、学級閉鎖とした。26日には症状を訴える生徒が5人増え、49人となった。

 松本小では25日、遠足のバス内や学校に帰ってから、2年児童5人が嘔吐した。26日には2年を中心に4年を除く全学年で35人が症状を訴え、22人が欠席。2年の1クラスを27日の1日間、学級閉鎖とした。ふじしま保育園では26日、24人が症状を訴え、21人が欠席した。

 県によると、進明中と松本小は同じ給食センターから配食を受けているが、同じセンターを利用する近隣の3小学校で症状を訴える子どもはいない。症状を訴える子どもが特定のクラスや学年に集中していること、3施設は地理的に近く、同じ家族の子どもが通っている可能性があることから「食中毒ではなく、嘔吐物を介した集団感染の可能性が高い」(健康増進課)としている。

 県は26日、3施設に施設内の消毒を徹底するよう指示。今後、症状を訴えた子どもに検便を行うなどして調査を進める。

 県によると、ウイルスによる感染性胃腸炎は冬場がノロウイルス、春先はロタウイルスが原因となることが多い。ともに潜伏期間は1~2日。

時々学校給食で食中毒のトラブルが発生する。

岩見沢の食中毒、給食が原因 保健所が調理所を処分へ 11/02/23

|

« タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験 | トップページ | 腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人 »

食のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験 | トップページ | 腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人 »