« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の31件の投稿

2011年5月31日 (火)

薬のネット販売、初の立件へ 薬品会社長を近く書類送検

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):薬のネット販売、初の立件へ 薬品会社長を近く書類送検 - アピタル(医療・健康) 2011年5月31日

 対面販売を義務づけられた医薬品のインターネットによる通信販売を続け、大阪府の改善命令に従わなかったとして、府警は近く同府枚方市で薬局を開設する医薬品販売会社「光漢堂」の三牧剛太郎代表(55)を薬事法違反(改善命令違反)の疑いで大阪地検に書類送検する。

 厚生労働省によると、2009年6月の改正薬事法施行で薬の通販が規制されて以降、薬の対面販売を巡っての立件は初めて。

 捜査関係者によると、代表はネット上に開設したホームページで、医療用医薬品などの通信販売を続け、府が09年12月と10年7月の2度にわたり、薬剤師による対面販売形式にするよう改善命令を出したのに、従わなかった疑いがある。府が4月19日に府警に告発していた。

この問題は、消費者にとっての得失を物差しにして見なければならない。
管理する行政の便宜を第一義にしてはならない。
ネット販売・郵送販売で不利益をこうむる業態の圧力に影響されてはならない。

ネット販売・郵送販売を禁止する立場の側が金科玉条にする対面販売は、服用する人の病状を何も知らない代理人に販売することを含めている点で自己矛盾の極み。

| | コメント (0)

簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発 - 毎日jp(毎日新聞)

 水をきちんと飲めない高齢者でも安全に服用できる薬用新型ゼリー剤を、ベンチャー企業のモリモト医薬(大阪府吹田市、盛本修司社長)が開発した。細長い筒状のフィルムに薬効成分とゼリーを分けて閉じこめ、端を押すとゼリーが薬効成分を包んで口の中に入る。飲料水を確保できない災害現場でも服用できるなど利用範囲は幅広い。18日までドイツ・ベルリンで行われた国際包装学会で発表された。

 ゼリーとオブラートで包んだ粉末状の薬効成分をスティック片に分けて入れる、というもの。

 薬効成分は粉末か錠剤にすると化学変化を起こしにくく、保存が利く。一方、水分に混ぜると化学変化を起こし、保存が利かない。このゼリー剤は、オブラートとゼリーを混合しないよう、フィルムの中でシールで仕切るために保存が利き、多くの医薬品で適用できるという。

 同社によると、認知症などで水を肺に飲み込んでしまう高齢者が約20%いる。こういった人に錠剤を飲ませる時は、錠剤を砕いて粉末にして葛(くず)などでとろみをつけて看護師らが飲ませる必要がある。人手不足の医療や介護現場で問題となっている。

 ゼリーだと食道から胃にゆっくり伝わって落ちるため、誤飲の危険性が少ない。また、錠剤や粉末の薬を嫌がる幼児でもゼリーと一緒に飲むのならば、抵抗は少ないという。

 同社は日米欧などで特許を取得。複数の製薬企業と共同開発を進め、医療用医薬品や一般用医薬品、健康食品への適用を検討している。14年の発売を目指す。将来は数百億円市場に発展すると期待している。

 この新型ゼリー剤について、国際包装学会で発表した東邦大薬学部の定本清美教授(臨床病理学)は「幅広い患者の生活の向上につながる。世界的に利用される可能性がある」と評価している。【田畑知之、新宮達】 毎日新聞 2011年5月30日 18時43分(最終更新 5月30日 18時53分)

子供や年寄には喜ばれて、コンプライアンス的にも役立ちそう。

モリモト医薬のサイトでは動画で紹介している。

| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

超悪玉コレステロール、分子の形に原因 英チーム

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):「超悪玉」コレステロール、分子の形に原因 英チーム - アピタル(医療・健康) 2011年5月30日

 悪玉コレステロールよりも心筋梗塞(こうそく)を起こしやすい「超悪玉」として注目される新種のコレステロールが、悪さをする仕組みを英ウォリック大チームが突き止めた。米糖尿病学会誌の最新号に論文を発表した。

 超悪玉は、生活習慣病である2型糖尿病の患者や高齢者の血中に最近見つかった。悪玉であるLDLコレステロールより、分子が小さく、比重がやや高いのが特徴だった。

 詳しく調べたところ、LDLコレステロールに糖が結び付いて表面の形が変化すると「超悪玉」になり、血管の壁につきやすくなる性質を持つことがわかった。血管が詰まると心筋梗塞などの原因となる。

中性脂肪が元凶とされている。

当然食養生が重要になる。

糖分摂取を控える。

酒・たばこを控える。

ウオーキングなど適度な運動。

漢方式の正しい食養生がおすすめ。(左のカテゴリー食養生をどうぞ)

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人 - アピタル(医療・健康) 2011年5月27日

 焼き肉チェーン「焼肉酒家(さかや)えびす」での集団食中毒事件で4人の命を奪った「腸管出血性大腸菌」による被害がドイツでも広がり、重症者が相次いでいることがわかった。大人の患者が多い点で、えびすの集団食中毒と共通している。

 厚生労働省によると、ドイツでは今月、約140人が腎臓の機能が落ちる溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し、3人が死亡。患者には旅行者もおり、厚労省は滞在中の日本人らに注意を呼びかけている。

 米科学誌サイエンスによると、ドイツのHUS患者の多くは成人女性で、患者5人の便からは腸管出血性大腸菌O(オー)104が見つかった。患者の多くが生野菜を食べたと話したが、原因や感染経路は不明だという。新潟大大学院の山本達男教授(細菌学)は「O104は検出されることが少ない型。140人ものHUS患者の発生は聞いたことがなく異常な事態」と話す。

 HUSは腸管出血性大腸菌がつくり出す毒素が原因で起きる。腸管出血性大腸菌には、えびすの集団食中毒の原因になったO111やO157など約40種類ある。国立感染症研究所の統計によると、国内では2000年以降、O104は検出されていない。

日本でも、これからは生野菜、サラダも注意が必要になってくる。

元来、和食は野菜には熱を加え、生の野菜はないのが普通だから、本来の和食スタイルに徹すれば問題はないのだが。

腸管出血性大腸炎Q&A
http://www1.mhlw.go.jp/o-157/o157q_a/index.html

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

子ども108人が嘔吐や腹痛 福井の3施設、ノロなど感染か

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

子ども108人が嘔吐や腹痛 福井の3施設、ノロなど感染か 社会 福井のニュース :福井新聞 (2011年5月27日午前7時00分)

 福井県福井市進明中と松本小、私立ふじしま保育園で23~26日にかけ、嘔吐(おうと)や腹痛、下痢の症状を訴える子どもが相次いだ。26日現在、3施設で108人が症状を訴えており、学校は学級閉鎖の措置を取った。県によると入院した子どもはおらず、症状は軽い。県はノロウイルスなどの集団感染とみて、3施設の関連を調べている。

 県によると、進明中では23日、1年の女子生徒が給食後に嘔吐。25日には1年を中心に1~3年44人が症状を訴え、24人が欠席した。特に嘔吐した女子が在籍するクラスを含む1年の2クラスで欠席者が18人と集中したため、同校はこの2クラスを26日の1日間、学級閉鎖とした。26日には症状を訴える生徒が5人増え、49人となった。

 松本小では25日、遠足のバス内や学校に帰ってから、2年児童5人が嘔吐した。26日には2年を中心に4年を除く全学年で35人が症状を訴え、22人が欠席。2年の1クラスを27日の1日間、学級閉鎖とした。ふじしま保育園では26日、24人が症状を訴え、21人が欠席した。

 県によると、進明中と松本小は同じ給食センターから配食を受けているが、同じセンターを利用する近隣の3小学校で症状を訴える子どもはいない。症状を訴える子どもが特定のクラスや学年に集中していること、3施設は地理的に近く、同じ家族の子どもが通っている可能性があることから「食中毒ではなく、嘔吐物を介した集団感染の可能性が高い」(健康増進課)としている。

 県は26日、3施設に施設内の消毒を徹底するよう指示。今後、症状を訴えた子どもに検便を行うなどして調査を進める。

 県によると、ウイルスによる感染性胃腸炎は冬場がノロウイルス、春先はロタウイルスが原因となることが多い。ともに潜伏期間は1~2日。

時々学校給食で食中毒のトラブルが発生する。

岩見沢の食中毒、給食が原因 保健所が調理所を処分へ 11/02/23

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

タミフル、若い脳に入りやすい…サルで実験 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 インフルエンザ治療薬タミフルは、幼いサルの脳に取り込まれやすいことを、理化学研究所分子イメージング科学研究センター(神戸市)と東京大のチームが実験で明らかにした。

 ネズミでは同じ傾向がみられたが、人に近いサルでも確認されたことで、子供への投与のあり方を巡り議論を呼ぶ可能性もある。米放射線医学誌6月号で発表する。

 体内での薬の動きを観察できる陽電子放射断層撮影(PET)装置を使い、タミフルを投与したアカゲザルの脳内濃度を調べた。

 人間なら10歳未満の生後9か月のサルは、5~6歳(人間の成人相当)のサルと比べ、投与してから20秒後に平均2・5倍濃度が高まった。人間なら10歳代の2歳のサルも2倍濃度が高くなった。脳に取り込まれるスピードを解析すると、9か月~2歳のサルは大人の1・3倍速いこともわかった。

(2011年5月26日 読売新聞)

徐々に明らかになってくるタミフルの動態。

| | コメント (0)

東電原発事故で放射性物質漏出 学校給食の食材に不安訴える保護者

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

東京新聞:東電原発事故で放射性物質漏出 学校給食の食材に不安訴える保護者:神奈川(TOKYO Web) 2011年5月25日

 東京電力福島第一原発事故による放射性物質の漏出で、横浜市の小学校に通学する児童を持つ保護者の中には、学校給食の食材が汚染されているのではないか、と不安を訴える人がいる。市教育委員会は、暫定規制値をクリアした地域の食材を使っており「安全だ」と強調するが、一方で給食に代えて弁当の持参も認める対応を取っている。 (荒井六貴)

 牛乳や野菜、魚などの食材が暫定規制値を超えた地域の食材は、流通しないことになっている。しかし、児童が口にする給食の食材すべてが、検査されているわけではない。

 金沢区の主婦(41)は先週から、市立小学二年の長女(7つ)に弁当と水筒を持たせた。主婦らは「子どもが食べるものは、もっと規制を厳しくしないといけないのではないか。給食を食べて、最終的にどれぐらい被ばくするのかも分からない」と不安を募らせる。

 文部科学省の担当者は「市場に流通している食品は、安全という前提。給食に限って何かをすることは考えていない」と言う。二十四日の市議会で、複数の市議が保護者の声を代弁して、給食に関する質問をしたが、市側は国の考えに基づき、安全性を強調した。

 一方で、市教委は保護者の不安を想定。四月一日付で各校長に「校長の判断で、弁当持参については許可することを可とする」とした文書を出した。新学期が始まると「汚染地域の食材を使わないでほしい」などと不安の声が寄せられた。

 市教委の清水文子健康教育課長は「どうしても給食を食べたくないのに、強制はできない。給食は安全と伝えた上で、弁当持参も許可できることにした」と説明する。

 主婦は、市教委に汚染地域外からの食材の調達を求めたが、実現する方向にはなかった。結局、「他の児童と違うことをして(長女が)いじめられるかもしれない」と悩んだ末、弁当を持参させることを決めた。渋る長女にも「放射線を理解しているか分からないけど、きちんと説明した」という。

 当然、弁当に使う食材にも気を使う。主婦は「いつまで、この状態で保てるのか」と苦しい胸の内を吐露した。

我が子の健やかな成長を願う親として当然で切実な悩み。

先行きのない老いぼれ爺さんはどうでもよいが、これから人生を歩み始める孫の世代の健康だけは守ってやるのがおとなの責任というもの。

武田邦彦先生の計算が参考になる。

たて割り無責任社会:大人が強いる子供たちの被曝

科学者の日記110525 縦割り:子供の立場は誰が?

| | コメント (0)

2011年5月25日 (水)

IAEA要請終了で、放射性物質拡散予測を中止

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

IAEA要請終了で、放射性物質拡散予測を中止 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 気象庁は25日、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づき行っていた福島第一原発事故による放射性物質の拡散予測について、IAEAの要請が終了したため、予測を中止すると発表した。

 同庁によると、IAEAから要請終了の連絡が入ったのは23日。同庁は3月11日から5月23日まで計43回、拡散予測を行った。当初は結果を公表していなかったが、枝野官房長官からの指示で4月5日からホームページで公表している。今後は再び要請があった場合に結果を公表するという。

 拡散予測は、同原発から1ベクレルの放射性ヨウ素131などが放出されたと仮定し、気象データをもとに、放射性物質の地上への降下量や大気中の濃度分布などを示したもの。放射性物質が地球規模で広がる様子を示す目的がある。公表直後の4月6日には1日約13万件のアクセスがあった。

(2011年5月25日 読売新聞)

気象庁の発表はこれのようだが、難解。

どうして花粉飛散予測並にやらないんだろう。

http://satoru.net/ では放射線関係のデータをまとめたりアニメーション化のサービスをしている。

| | コメント (0)

車の排ガスで小学生のぜんそく増加 国、関連性認める

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

環境省が今まで認めていなかったとは 不可解。

asahi.com(朝日新聞社):車の排ガスで小学生のぜんそく増加 国、関連性認める - アピタル(医療・健康) 2011年5月25日

 自動車の排ガスが小学生のぜんそくの発症率を高めていることが24日、環境省の健康影響調査でわかった。これまでぜんそく患者らが起こした大気汚染公害訴訟などで国は、排ガスとぜんそくの因果関係について「科学的知見が少ない」としてきたが、調査を受け環境省は初めて「関連性がある」と認めた。

 東京都の国道246号や川崎市の東名高速道路、名古屋市の国道23号、大阪市の国道43号など全国11市区で、幹線道路の近くに住む小学生計約1万2千人を2005年度から5年間、追跡調査した。アンケートから屋外で過ごす時間や場所を割り出し、排ガスを吸い込む量を推計。吸い込んだ量が多い児童の方が、ぜんそくの発症率が高かった。

 さらに3歳以下の幼児と40歳以上の成人も調べたが、排ガスとぜんそくの関係ははっきりしなかった。

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

エイズ発症者、過去最多…中高年の新規感染増加

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

エイズ発症者、過去最多…中高年の新規感染増加 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 昨年1年間に国内で確認された新たなエイズ発症者数は469人で、調査が始まった1984年以来、最多となったことが分かった。

 厚生労働省エイズ動向委員会が23日、発表した。エイズウイルス(HIV)の新たな感染者は、84年以来3番目に多い1075人だった。

 一方、HIVに感染しているかを調べるため、全国の保健所や自治体が無料実施している抗体検査件数は同約13万件(前年比13%減)で、2年連続の減。保健所などへの相談件数も減少傾向にあるという。

 同委員会は「40代や60歳以上の新規感染者が増加するなど、年齢の広がりが見られる。早期に発見して投薬治療を受ければ発症は防げるので、無料検査や相談の機会を積極的に利用してほしい」と呼びかけている。

(2011年5月23日19時03分  読売新聞)

関連過去記事

昨年1年間のエイズ患者、最多453人 11/02/08

 年齢別に見ると、HIV感染者は20~30歳代の男性に集中するが、エイズ患者は30歳代以上の男性で一様に報告されている。長期の感染潜伏期間を経て発症し、初めて気づく例が増えているのが特徴だ。

 早期発見のため国は検査を呼びかけているが、検査・相談件数は、ここ2年で大幅に減少している。同省エイズ動向委員会の岩本愛吉委員長は「HIVに感染しても適切な治療を受ければ、ほぼ完全に発症を抑えられる」と話している。

| | コメント (0)

2011年5月23日 (月)

政府の被ばく基準に批判相次ぐ 衆院特別委で専門家

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

政府の被ばく基準に批判相次ぐ 衆院特別委で専門家 - 47NEWS(よんななニュース)

 福島第1原発事故を受け、政府が計画的避難区域や校庭の活動制限の基準に採用している「年間20ミリシーベルト」という被ばく線量について、衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会で20日、放射線医学の専門家らから「高すぎる」と批判が相次いだ。

 矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授は、政府が根拠としている国際放射線防護委員会(ICRP)の基準について「内部被ばくを考慮していない」と批判。欧州は内部被ばくを考慮した別の基準を採用しており、外部被ばくだけで年間20ミリシーベルトというのは「とんでもない数字」と強調した。

 武田邦彦・中部大教授は「20ミリシーベルトで発がんリスクが高まるのは明らかなのだから、保護者が納得しないのは当然だ」とし、校庭だけでなく通学路などを除染する必要性を強調した。

 国の原子力安全委員会の久住静代委員は、日本人の数十%はがんが原因で死亡し「20ミリシーベルトが発がんに与える影響は小さすぎ、疫学調査で検出できないほどだ」と20ミリシーベルトという基準の妥当性を主張したが、崎山比早子・元放射線医学総合研究所主任研究官は「子どもの方が放射線感受性が強く寿命も長い。年齢による影響の差を考慮しない議論は論外だ」と反論した。2011/05/20 13:19   【共同通信

原発を造るときは、「こんな厳密な規格で運営するのだから原発の安全性には何の心配もありません」といって安心させておき、いざ大変な事故が起こったら、「この規格は過剰管理です、この20倍でも何の心配もありません」というのは筋が通りませんね。

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

血液でうつ病診断、簡便な検査法開発 リン酸濃度を測定

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):血液でうつ病診断、簡便な検査法開発 リン酸濃度を測定 - アピタル(医療・健康) 2011年5月21日

 血液中に含まれるリン酸の濃度を測り、うつ病を診断する検査法を、慶応大の研究成果をもとにしたベンチャー企業が開発した。従来、研究されてきた血液による診断法に比べ簡便なことが特徴。健康診断で使うことで早期発見につながる可能性がある。

 開発したのは「ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ」(山形県鶴岡市)。22日に、東京都で開かれる日本生物学的精神医学会で発表する。

 同社は、国立精神・神経医療研究センターで「大うつ病性障害(うつ病)」と診断された31人と、年齢や性別の構成が近い健康な35人の血液を分析。うつ病患者は、血漿(けっしょう)中の「エタノールアミンリン酸」の濃度が低いことを見つけた。

 このリン酸の濃度を調べて、うつ病患者を正しく診断できた確率は82%、健康な人をうつ病でないと診断できた確率は95%だった。

 血液でうつ病を診断する方法は複数の研究グループが開発している。しかし、約20種類の白血球の遺伝子を調べたりするなど、簡便な測定は難しかった。

 同社は、このリン酸の濃度を数分で測れる試薬を開発中。1年以内に完成する見込みで、臨床試験を行い、医療機器としての承認を目指す。

 厚生労働省研究班の調査では、一般医の9割は経験則でうつ病を診断しているという。うつ病で受診している人は70万人を超えるが、治療が必要な人の4分の1程度しか受診しておらず、早期発見が難しい。(岡崎明子)

関連過去記事

怒りっぽくなったら厄介な病気かも 10/02/22

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

歯周病が動脈硬化を悪化…仕組み解明

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

歯周病が動脈硬化を悪化…仕組み解明 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

新潟大・山崎教授ら 米科学誌に発表

 歯周病が動脈硬化症を悪化させるメカニズムを、新潟大学大学院医歯学総合研究科の山崎和久教授(歯周病学)らのグループが解明した。

 歯周病の病原菌には、動脈硬化の原因の「悪玉コレステロール」を回収する力を持つ「善玉コレステロール」を減らす作用があることを突き止めた。世界初の成果といい、米電子版科学誌「プロスワン」で20日発表する。

 マウスを歯周病原細菌に感染させて、正常なマウスと比べたところ、歯周病のマウスは、血中の善玉コレステロールの量が半減した。また、大動脈の悪玉コレステロール蓄積面積が、正常のマウスの2・25倍となり、動脈硬化症が著しく悪化することが分かった。

 山崎教授は「歯周病の予防・治療が、動脈硬化症対策にも結びつく」としている。

(2011年5月20日 読売新聞)

関連エントリー

口は災いの元” 歯周病菌 糖尿病などのリスクに 10/06/16

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

トマト飲料で血圧低下…土佐市など研究発表

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

トマト飲料で血圧低下…土佐市など研究発表 : 健康ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

脳卒中予防も期待

 高知県土佐市と県立大などは、市特産のフルーツトマトジュースを飲み続けた場合に、血圧を下げる効果が確認されたと発表、脳卒中や急性心筋梗塞などの予防も期待できるとの見解を示した。

 調査に協力した市民のうち、高血圧の人の約6割の平均で最高血圧は10低下。同大健康栄養学部の佐藤厚教授(生化学)は「トマトでこれほど下がった調査はなく、興味深い。より効果的な摂取法を探りたい」と意欲を見せている。

 市は2008年10月、まちづくりについての研究を連携して進める協定を当時の県立高知女子大と締結。09年6月から同市蓮池のトマト生産加工会社「池一菜果園」(池洋一社長)と3者で共同研究を進めてきた。

 調査は、協力を希望した市民(主に40~60歳代の男女)46人が対象。約5か月半の間、毎日、血圧と体重、食事の記録を付けてもらい、1日置きにフルーツトマトジュース(150ミリ・リットル)を飲む期間と、全く飲まない期間を設けて数値を分析した。すると、調査の開始時点と終了時点で、高血圧の11人のうち血圧が低下した人が7人おり、平均で最高血圧が154から144に下がった。

 また、便秘が改善したという声も多く挙がったという。佐藤教授は「ジュースを飲むことと、日常的な運動を組み合わせることで、より効果がある」と予想し、再調査を行うという。

 池社長は「おいしく、健康になってもらいたいという思いが成果として現れ、励みになった。社内でも研究を進め、貢献したい」と意気込み、土佐市産業経済課は「市特産のフルーツトマトづくりが、さらに盛んなっていけば」と期待していた。

(2011年5月19日 読売新聞)

トマトの含有成分リコピンは活性酸素除去作用が知られているが、それが関係しているのだろうか。

降圧剤で血圧を下げても寿命を延ばしはしないという説も聞かれる昨今、食で血圧が下げられるならそれが一番。

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

数人「ユッケ食べてない」 えびす食中毒、はし通じ感染か

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

数人「ユッケ食べてない」 えびす食中毒、はし通じ感染か:北日本新聞ウェブ[webun] .2011年05月18日 02:15

 フーズ・フォーラス(金沢市入江、勘坂康弘社長)が運営する焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒で、県の聞き取り調査に対し、「ユッケを食べていない」と答えている患者が数人いることが17日、県への取材で分かった。ただ、これらの患者と同じグループの客がユッケを食べていることから、はしを通じて菌が感染し食中毒症状につながった可能性もある。ユッケを食べたかどうか記憶が曖昧になっている患者もおり、県は引き続き調査を進める方針だ。

 県によると、砺波店(砺波市となみ町)と高岡駅南店(高岡市大野)、富山山室店(富山市公文名)を利用した患者数は、17日午後4時現在で前日と同じ160人(死者3人含む)。砺波店を利用しユッケを食べて入院した10歳未満の女児が14日に退院していたことが新たに分かり、現在の入院者数は1人減って21人となった。このうち重症者は前日と同じ20人。これまでに退院した患者は計20人となった。

 県は、食中毒症状を訴えた患者に対し、店の利用日や食事内容などを聞き取りしている。砺波店を利用し一時入院していた別の子どもについて、一緒に利用した家族は「自分はユッケを食べたが、子どもには食べさせていない」と話しているという。他にもユッケを食べたことが確認できていない患者がいる。

 厚生労働省によると、腸管出血性大腸菌は100個程度の菌数でも感染すると言われ、O157は室温でも15~20分で2倍に増えるという。ユッケを食べたはしで焼いた肉を取り分けているうちに、焼き肉にユッケが付いて大腸菌を体内に取り込んだ可能性もある。

 県生活衛生課は「どの患者も同じグループの誰かがユッケを食べていることから、ユッケと全く接点がない患者はいない。時間がたって記憶がはっきりしていない患者もいるが、さらに聞き取りを行いたい」と話している。

焼く前の生肉に触れる箸と焼いた肉を口に運ぶ箸を区別しなければ危険なんだ。

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

正常細胞が丸のみ破壊…がん治療に期待 神戸大解明

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

正常細胞が丸のみ破壊…がん治療に期待 神戸大解明 - MSN産経ニュース 2011.5.16 10:19

 がんのもとになる異常な細胞を、周囲の正常な細胞が食べて破壊するメカニズムを神戸大大学院医学研究科の井垣達吏特命准教授(遺伝学)らのチームが解明した。がんの新たな治療法開発につながる可能性がある。

 がんのほとんどは臓器の内部を覆う「上皮組織」の細胞で発生する。

 チームがショウジョウバエの幼虫を使って実験した結果、上皮組織で一部の細胞ががんになりかけると、隣の正常な細胞で特定のタンパク質の働きが活発になり、ほかの細胞を食べやすいように形状を変化させていた。その後、異常細胞を生きたまま丸のみして破壊した。

 チームはヒトやイヌなどの培養細胞を使った研究も進めている。井垣特命准教授は「これまではがん細胞を殺す努力をしてきたが、正常な細胞を元気づけ、食べさせる治療法も考えられる」と話している。

 成果は米科学誌デベロップメンタルセルに掲載された。

人で確認がなされればすばらしい。

「ショウジョウバエのオスの精子は『DNA修復力』を持たない極めてまれな例」という、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成23年(2011)4月27日(水曜日)を思い起こされる。

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

ユッケ食中毒 発生少ないO111 なぜ死者が…菌の「強毒化」原因か

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

【ユッケ食中毒】発生少ないO111、なぜ死者が…菌の「強毒化」原因か+(1/2ページ) - MSN産経ニュース2011.5.15 20:09

 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件では、食中毒患者の腸内から腸管出血性大腸菌「O(オー)111」が検出され、4人が死亡した。過去の国内の腸管出血性大腸菌による食中毒は、菌の成分が異なるO157が中心で、死に至る重症化は少なかった。専門家の間では、海外で事例が報告され研究が進められている「菌の強毒化」の可能性も指摘されている。(豊吉広英)

なぜO111?

 厚生労働省によると、腸管出血性大腸菌による食中毒患者は平成8年に1万人以上が確認されたが、その後は年間数十~数百人で推移。死者は15年に、O111の食中毒患者は12年に出て以降確認されていない。

 もっとも、O111の感染者がいないわけではない。国立感染症研究所によると、食中毒と特定できないものを含めた腸管出血性大腸菌の感染者総数は年間3千~4千人。20年の調査では、うちO157が65%、O26が24%、O111は4%の割合で存在した。

 岩手大の重茂克彦教授(獣医公衆衛生学)は「O111の毒性が低いわけではなく、母数が少ないから目立たなかったと考えた方がいい」と指摘する。

目立つ重症者

 今回の集団食中毒で特徴的なのは、重症化した患者が多い点にある。

 腸管出血性大腸菌は毒素を出すことで、乳幼児や高齢者を中心に、急性腎不全などにつながる溶血性尿毒症症候群(HUS)を引き起こすことがある。

 食品安全委員会などによると、腸管出血性大腸菌による食中毒患者でHUS発症など重症化するのは約3%。今回の食中毒では症状が確認された171人のうち重症者は最大24人で、15%近くが重症化している。

 なぜか。考えられるのは、今回のO111が通常より毒性が強いことだ。

 感染研細菌第一部の大西真部長によると、研究者の間では、同じO157でも、特に高い病原性を持つ菌が存在する可能性が研究されているという。

 2006(平成18)年に米国の複数州にまたがり発生したO157の集団食中毒では、発症者の15%がHUSに罹患(りかん)。これが「重症化しやすい菌」だったという指摘がある。

 O111も08年に米国で発症者の17%がHUSに罹患した例があり、大西部長は「O111についても、多数の重症例を引き起こす食中毒が起きる可能性はある」と話す。

 重茂教授も「大腸菌は菌株同士で遺伝子を交換するが、どのような遺伝子を取り込むかによって病原性が違ってくる。その過程で強毒化したO111の出現はあり得る」と説明。一方で「食肉に大量の菌が繁殖していたことで症状が悪化した可能性もある」との見方も示している。

今回のケースでは、菌の毒性が強力だった可能性、菌数が大量だった可能性の二つが指摘されている。

予防の観点からは、食べた人間の側に中毒菌に対する防衛力・抵抗力が強い人と弱い人がいることについて注目・追求すべきである。

同じように食べても発症する人としない人がいるのだから。

解答はカテゴリー「食養生」にある。

基本の五味調和、特に肉食時の香辛料の活用、健康食三種の神器の常用が重要。

| | コメント (0)

2011年5月14日 (土)

日本の平均寿命、世界1位維持…女性は86歳

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

日本の平均寿命、世界1位維持…女性は86歳 : シニアニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 【ジュネーブ=佐藤昌宏】世界保健機関(WHO)が13日発表した2011年版「世界保健統計」によると、日本人の平均寿命は前年と同じ83歳で欧州のサンマリノと並び加盟193か国中1位を維持した。

 調査は09年に実施。日本は、女性が前年と同じ86歳で、2位のスペイン、フランスなどの85歳を抑えて単独首位を維持した。男性は、前年より1歳増えて80歳となり、スイス、アイスランドなどと並び2位だった。1位は、サンマリノの82歳だった。

 平均寿命が最も短いのは、アフリカのマラウイの47歳だった。

(2011年5月14日 読売新聞)

厚労省が「簡易生命表」を出していて年齢ごとの平均余命がみられる。

| | コメント (0)

iPS細胞なのに拒絶反応 再生医療応用に課題

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):iPS細胞なのに拒絶反応 再生医療応用に課題 - アピタル(医療・健康) .2011年5月14日

 さまざまな臓器の細胞にすることができ再生医療の切り札と期待されるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の応用に新たな課題が見つかった。従来は患者の細胞から作れば、移植で戻しても免疫拒絶反応は起きないと見られていたが、拒絶反応を起こす可能性があることが米カリフォルニア大研究チームによるマウスの実験でわかった。

 14日付の科学誌ネイチャー電子版に掲載される。

 研究チームは、マウスの胎児の線維芽細胞から作ったiPS細胞を、まったく同じ遺伝情報になるよう操作したマウスの背中に皮下注射した。遺伝情報が同じなら体が「異物」とみなして免疫拒絶反応を起こすことはないはずだ。ところが、実験では移植した複数のマウスで拒絶反応が起きたという。

 iPS細胞の分析では免疫反応に関係する遺伝子が作製の過程で活性化された可能性があるという。

 iPS細胞は京都大の山中伸弥教授が開発した。皮膚などの体細胞にウイルスを使って遺伝子を入れる手法で細胞が神経や心臓などさまざまな臓器・組織になり得る状態にリセットできることを示した。治療への応用に向け、目的の臓器・組織にできるかや、効果や安全性の確認が課題になっている。(大岩ゆり)

摂理に逆らう技術には想定外の障害が待ち受けている。

| | コメント (0)

2011年5月13日 (金)

二次感染で初の有症者、富山 女児と接触、O111検出

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

二次感染で初の有症者、富山 女児と接触、O111検出 - 47NEWS(よんななニュース)

 「焼肉酒家えびす」の集団食中毒で、富山県は11日、患者の10歳未満の女児と接触した後、腹痛や下痢などの症状を訴えていた30代女性から腸管出血性大腸菌O111を検出したことを明らかにした。二次感染による有症者が確認されたのは初めて。県は2人の詳しい関係を公表していない。

 県によると、女児は4月21日、高岡駅南店(同県高岡市)で家族と食事し、ユッケなどを食べ体調を崩し入院中。女性は女児と接触後の5月7日ごろ症状を訴え通院中だが、症状は軽い。今後は女性が接触した関係者に感染者がいないか、調査を進めるという。

出血性大腸菌は他の中毒菌より少ない菌数で発症する点に要注意。

| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

ユッケ用肉のアルコール殺菌、識者「効果薄い」

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

ユッケ用肉のアルコール殺菌、識者「効果薄い」 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、卸元の食肉加工卸業者「大和屋商店」(東京・板橋区)が発症原因となったユッケ用生肉に行っていたアルコール殺菌処置について、効果を疑問視する声が専門家から出ている。

 チェーン運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市)は大和屋側からこの処置を提案され、菌が付く肉の表面をそぐ「トリミング」作業を省いていたとしているが、衛生管理上の実効性が問われそうだ。

 フォーラス社によると、ユッケ用生肉は、大和屋が約500~約600グラムに小分けしてアルコール噴霧で表面を殺菌し、真空パックにすることで「無菌状態」を作り出したとしていた。

 こうした処置について、尾家重治・山口大准教授(消毒滅菌)は「肉には汁や血液などの有機物が多く、アルコール噴霧の効果はない。気休めにしかならない」と指摘。品川邦汎(くにひろ)・岩手大農学部特任教授(食品衛生)も、「アルコールを噴霧する程度では、菌を殺すことは難しい。生肉にはあまり効果がない」と話している。

(2011年5月12日 読売新聞)

皮膚の傷の消毒にアルコールが有効なのは、菌が皮膚表面にある時で、生きている体が持っている防衛力との共同作業もあってなされること。
ばい菌が内部に深入して化膿してしまったようなものにアルコールが無効なのは誰もが経験して知っているはず。

このことを考え合わせるとアルコールが包丁やまな板の消毒には意味があっても、肉の消毒に適さないのは当然のこと。

| | コメント (0)

2011年5月11日 (水)

ユッケ食中毒おこした腸管出血性大腸菌とは?

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

ユッケ食中毒おこした腸管出血性大腸菌とは? : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 Q 腸管出血性大腸菌とは?

 A 大腸菌の多くは無害だが、下痢などの症状を引き起こす病原性のものもある。このうち、牛の腸管にすみ、ベロ毒素で人間に食中毒症状を起こすのが腸管出血性大腸菌で、O(オー)26やO(オー)111、O(オー)157などの大腸菌がこの毒素を出すことが多い。3~5日の潜伏期を経て、腹痛や水のような下痢を繰り返し、真っ赤な血便が出る人もいる。貧血や意識障害を起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの重篤な合併症に至ることもある。

 Q どれくらい発生している?

 A 国立感染症研究所によると、腸管出血性大腸菌の昨年の感染は4110件、死者は5人で、菌の増えやすい初夏から初秋に集中した。感染源は、ユッケや牛レバー刺し、牛肉のたたきなどがこれまでに確認されている。

 Q 感染を防ぐには?

 A 過去の感染例は、生か加熱不足のまま食べて発生した。抵抗力の弱い子どもや高齢者は重症化しやすく、加熱が不十分な肉は食べない方がよい。75度で1分間加熱すれば菌は死滅するため、十分に火を通せば予防できる。菌は室温なら20分程度で倍増するので、食品の冷温保存と台所用品のこまめな洗浄も大切だ。

(2011年5月10日 読売新聞)

昨年1年間で、感染4110件、死者5人とは意外に多い数字だ。

| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

日本はすでに農業大国 国際派日本人養成講座/ウェブリブログ

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

リンク: No.698 日本はすでに農業大国 国際派日本人養成講座/ウェブリブログ.

 日本の農業生産額は世界5位。「高齢化する零細農家」は「農業版自虐史観」。

■1.日本は世界第5位の農業大国

 日本の国内農業生産額は2005(平成17)年時点で、826億ドル、8兆円相当の規模で、これは中国、米国、インド、ブラジルに続き、世界第5位を占めている。

 米国(1775億ドル)のちょうど半分程度だが、大雑把に言えば、人口も米国の半分程度なので、国民一人あたりの農業生産額はいい勝負と言える。

 また欧州の農業大国と言われるフランスは6位549億ドル、広大な領土を持つロシアは7位269億ドル、オーストラリアは17位259億ドルで、日本の生産額はこれらの「農業大国」をはるかに上回っている。

 品目別に見ても、生産量で世界トップレベルのものが少なくない。ネギは世界一、ホウレンソウ3位、ミカン類4位、キャベツ5位、イチゴ、キュウリは6位だ。コメは生産能力の4割を減反していて10位だが、減反開始前の昭和35(1960)年代には3位だった。意外なのがキウイフルーツで、世界6位、米国を上回っている。

 こうして見ると、自動車やエレクトロニクスなどの工業分野と同様、農業分野でも我が国は大健闘している、と言える。

 すなわち、日本はすでに農業大国なのである。GDP(国内総生産)を根拠に、我が国が今まで「世界第2の経済大国」(最近、中国に抜かれたようだが)と呼ばれていたのだから、農業の国内生産高、すなわち農業GDPによって世界第5位の農業大国と呼ぶのは妥当だろう。我が国の国土の狭小さを考えれば、これは驚くべきことである。

「食糧自給率が約40パーセント」、「農業従事者の約60パーセントが65歳以上」などと喧伝されていることから、我が国の農業は衰退状態にあり、いざ食糧危機が起こって輸入が途絶えたら、国民が飢餓に瀕するなどというイメージが一般的だが、『日本は世界5位の農業大国』の著者・浅川芳裕氏によれば、これこそが「農業版自虐史観」だと言う。[1,p45]


■2.日本は食糧輸入大国?

 それでも食糧自給率40パーセントと言うからには、生産高は多くとも、より多くの食糧を輸入に頼っているのではないか、という疑問が湧く。

 日本の農産物輸入を米英独仏の先進4カ国と比べてみると(2007年データ)、まず輸入額では、米国747億ドル、ドイツ703億ドル、英国535億ドルに次いで460億ドルと第4位。金額的に見て、我が国は主要先進国の中では少ない方である。

 輸入額は人口にも影響されるから、国民一人あたりの輸入額で見ると、英国880ドル、ドイツ851ドル、フランス722ドルと来て、我が国はそのフランスのほぼ半分の360ドルとやはり4位。最も少ない米国の244ドルと大差ない。

「日本が輸入している農産物は、穀物など単価の安いものが多いから、金額は低くても量は多いのでは?」とさらに疑う読者のために、一人あたりの輸入量で見ても、ドイツ660キロ、英国555キロ、フランス548キロに続き、日本は427キロとやはり4位で、米国の177キロを上回るに過ぎない。

 すなわち、この先進5カ国の中で比べてみれば、生産高は826億ドルと米国に次いで第2位、輸入高では460億ドルと生産高の半分強で第4位。このどこが「食糧輸入大国」であろう。


■3.食糧自給率40パーセントのカラクリ

 実は「食糧自給率40パーセント」という数値にカラクリがあると、浅川氏は指摘している。この計算はカロリーベースのもので、一人1日あたりの供給カロリーのうちの国産供給分の比率である。分母となる供給カロリーの中の4分の1ほどは、レストラン、ファーストフード店などでの廃棄分や食べ残しが含まれる。

 それらの廃棄分を除いて実際に国民が摂取している一人一日あたりの摂取カロリーで見れば、自給率は54パーセントとなる。民主党が10年後に目指すとしている自給率目標50パーセントはすでに達成されている。現在の定義で自給率を高めようとすれば、まずは廃棄分を減らすのが、正しい方向だろう。

 さらに自給率を生産額ベースで計算すれば66パーセントとなる。先の先進5カ国で言えば、米国、フランスに次いで3位である。米国やフランスは輸出が多いから自給率も高いのだが、主要な輸出品目は穀物、肉製品、ワイン等。これらの品目は、南米や東欧などの新興国に押され気味で、生産額ベースの自給率は低下傾向にある。

 一方、日本より自給率の低い英国やドイツは、寒冷地で野菜や果物は輸入に頼らざるを得ない。

 我が国土は狭隘と言えども、南北に長く一年を通じて様々な農産物の栽培が可能で、農業に適している。しかも、その中で高度に発達した国内市場を持ち、そのニーズに基づいた高品質の野菜、果物、畜産品を開発、生産している。

 カロリーベースで自給率40パーセント、という「農業版自虐史観」だけでは、こうした我が国農業の真の実力を見失ってしまうのである。


■4.大幅な農業生産性向上

「農業従事者の約60パーセントが65歳以上」というのも、実態を惑わす表現である。お年寄りの農家が細々と田畑を耕していて、後継者もおらず、生産高は徐々に減っていき、いずれ日本農業は全滅してしまう、と想像しがちだが、これまた事実ではない。

 まず我が国の農業総生産高は着実に伸びている。昭和35(1960)年の4700万トンから、平成17(2005)年の5000万トンへと300万トンの増産を実現している。

 確かに農業従事者数は減っている。昭和35年に約1200万人いたのだが、平成17年には約200万人と激減している。確かに農業従事者数は6分の1となったが、逆に生産高は増えている。すなわち一人あたりの生産性が6倍以上に向上しているのである。

 農業者一人あたりの生産額で見ても、昭和35(1960)年の18万円が、平成17(2005)年には約24倍の438万円に上昇。物価変動分を差し引いても、5.2倍になっている。

 一人の農業従事者が何人分の食糧を生産しているか、をカロリーベースで試算すると、昭和35(1960)年には7人分だったのが、平成17(2005)年には4倍超の30人も養えるほどになっている。

 すなわち、農業従事者の減少とは、生産性の大幅向上によって、一定規模の食糧生産に必要な人数が大幅に減った結果であって、農家が高齢化して引退していき、食糧生産も衰退していっている、ということではない。

 農業生産性の向上によって、農家が大幅に減少していく、というのは、先進国共通の現象である。過去10年の農家の減少率で見ると、我が国は22パーセントだが、ドイツ32パーセント、オランダ29パーセント、フランスが23パーセントと、日本以上の減少率となっている。

「農業従事者の約60パーセントが65歳以上」というのは、お年寄りがいくつになっても元気で田畑を耕したり、あるいは兼業農家をやっていた会社員が定年後に晴耕雨読の生活に入るなどしているからである。喜ばしいことではあっても、心配すべきことではない。


■5.他の本業で稼ぎ、家庭菜園を営むアマチュア農家

 日本の農業大国ぶりを支えているのは、こうした高齢化した農家とは別の、少数精鋭の農業従事者である。

 約200万戸の販売農家(面積30アール以上、または年間の農産物販売金額が50万円以上)のうち、売り上げ1千万円以上の農家はわずか7パーセントの14万戸しかないが、彼らが全農業生産額8兆円の6割を産出している。[1,p123]

 逆に売り上げ100万円以下の農家が120万戸、6割も存在するが、彼らの生産額はわずか5パーセントに過ぎない。売り上げ100万円以下とは、耕作の目的はあくまで自家用やおすそ分け用であって、余った分を販売に回しているに過ぎないだろう。いずれにしろ、国民全体の食生活を支える存在ではない。

 民主党は「農業者個別所得補償制度」を提唱し、平成22(2010)年には、5618億円もの予算が「個別所得補償モデル対策」として農家にばら撒かれた。その対象は、米を例に挙げると、180万戸ほど。そのうちの100万戸が1ヘクタール未満の農家で、農業所得は数万円からマイナス10万円程度である。

 これが本当なら生きていけるはずもないが、実はこの層の多くは役所や農協、一般企業で働いており、その本業で平均500万円ほどの収入がある。零細農家というよりも、本業で所得を稼ぎながら、家庭菜園で自家用やおすそ分け用を中心に耕作をしているアマチュア農家である。

 こうしたアマチュア農家に、56百億円もの税金をばら撒いて、食料自給率が向上するはずもない。そもそも農産物を売って、生計を立てようとはしていないのだから。民主党がこの政策で本当に食料自給率を上げようとしているなら愚劣の極みであり、またそれと知っていて得票目当てに国民の税金を投入しようとしている確信犯なら、悪徳の極みである。


■6.高収入のプロ農家

 それでは、農業を本業とする少数精鋭のプロ農家とはどのような人々なのだろうか。その一例を、弊誌633号「『明るい農村』はこう作る ~ 長野県川上村の挑戦」で紹介した。かつては「信州のチベット」と呼ばれた高地でレタスを作り、東京市場の価格変動に機敏に対応した出荷を行って、607戸の農家が平均25百万円の野菜販売額を上げている。まさにプロ農家集団である。[a]

 こうしたプロ農家の所得の実態を、浅川氏が副編集長を務める月刊誌『農業経営者』で行った。[1,p125]

 アンケートの対象となった2566人の平均収入は343万円。うち、個人農場1314人の平均348万円、農業法人社員870人の平均が241万円、農業法人経営者870人の平均が560万円であった。

 農業法人社員の241万円は、社員数5~9人の小企業における平均年収236万円とほぼ同程度の年収となっている。

 個人農場主は他業種であれば個人商店や個人企業に相当し、農業法人経営者は企業経営者に該当する。それぞれ他業種に引けをとらない年収を得ている実態が明らかになった。

 こうしたプロ農業者が、わが国の農業の生産性を何倍にも高め、わが国の食料供給のを支え、農業大国の大黒柱となっているのである。


■7.農業こそが世界の成長産業

 わが国の農業をさらに強くして、国民がおいしい農作物を安く食べられるようにし、かつ万一の場合の食糧安全保障を図るには、これらのプロ農家をいかに発展させるか、が課題である。

 そのひとつの方策は、国際市場に打って出ることである。日本のエレクトロニクス産業や自動車産業は海外市場で戦うことで、競争力を磨き、規模を大きくしてきた。

 日本の車や家電製品が国内市場だけでやってきたとしたら、現在ほどの発展は望めなかったろう。逆に海外製品の攻勢に対抗できず、ちょうど今の農業のように高関税で海外製品の輸入を阻止することに汲々としていたであろう。

 世界の農産物貿易額は急速に拡大している。1961年に670億ドル(約7兆円)だったのが、2007年には1兆7800億ドル(約180兆円)と拡大した。とくに2000年以降は年平均10兆円も伸びている。農業こそが世界の成長産業なのである。

 この農産物貿易の拡大にうまく乗ったのが、ドイツや英国で、それぞれ420億ドル、200億ドルの輸出増加を果たした。同期間の日本の輸出の伸びは17億ドルに過ぎない。もしわが国がドイツ並に400億ドルも輸出を伸ばしていたら、生産額ベースの自給率は90パーセント以上に達していたはずだ。


■8.「僕自身、日本の農産物は世界一だと思っている」

 海外市場に打って出て成功している農業者がいる。農業法人・和郷園である。平成19(2007)年に輸出事業を始め、わずか2年で売り上げの約1割を占める3億円に達した。香港に現地駐在員を置き、自社生産の高品質農産物をレストランやスーパー向けに輸出している。

 和郷園代表の木内博一氏はこう語る。[1,p157]

__________
 僕自身、日本の農産物は世界一だと思っている。今、そのことを世界にしっかり表現していくときだ。まずは最高級品を輸出することにこだわり、海外で「ジャパン・プレミアム」を創出する。頂を高くすれば、その後の日本産農産物の世界市場は大きく開ける。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 自動車やエレクトロニクスと同様に、和郷園では海外生産も始めている。タイでマンゴーとバナナを生産する現地法人を設立し、バナナの半分は日本に輸入しているが、残り半分は現地で販売している。日本人の農家が地元タイで作った "Made by Japan" が評価され、世界ブランドの「ドール」よりも、高値で売れている。

「高齢化し、衰退する日本農業」という「農業版自虐史観」では、アマ農家に税金をばら撒き、輸出はおろか、高関税で海外農産物の輸入阻止という袋小路に入り込むだけである。

 和郷園のようなプロ農家が輸出や海外生産を通じてさらに競争力を鍛えていけば、農業大国日本の将来は明るいのである。

(文責:伊勢雅臣)

エネルギーベースの食料自給率が40%を切っている事が問題視されることが多い反面、生産額ベースでは65%という数字があるのを評価して報道されることも少ない。

自給率41%は予算確保の為の数字 10/07/21

無視される 生産額ベース食糧自給率65%という数字 10/04/07

| | コメント (0)

エタノール無効菌を確認 陸前高田の断水避難所

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

エタノール無効菌を確認 陸前高田の断水避難所 岩手日報

 東日本大震災の影響で断水した陸前高田市内の避難所で、消毒用のエタノールが効かない芽胞(がほう)形成菌が多数確認されたことが8日、静岡県立大の内藤博敬助教(微生物学)の調査で分かった。

 人体への影響が少ない菌がほとんどだったが、感染すれば、体力が落ちた人や高齢者には影響が出る可能性もある。

 被災地では、芽胞形成菌が増殖しやすい断水状態の地域が依然として多く、内藤助教は「断水中のほかの避難所でも同じ状況と考えられる。毒性の強い芽胞形成菌が出てもおかしくない衛生状態にあり、(除菌に有効な)次亜塩素系の消毒も必要だ」としている。

 内藤助教によると、被災地ではエタノールが主原料の手指消毒薬が多く使われているが、芽胞形成菌には無効。水道水で洗い流すか、取り扱いに注意が必要だが学校のプールなどに用いる次亜塩素系の消毒薬を使えば除菌できる。芽胞形成菌には傷口に感染する破傷風菌、食中毒を起こすセレウス菌などのほか、無害な菌もある。球状の殻を細胞内に作るため、消毒のほか乾燥や高温などの悪環境下でも生存できる。

 内藤助教らは4月上旬、陸前高田市にある二つの避難所の出入り口14カ所、調理場5カ所、トイレ23カ所で、ドアの取っ手や壁などの表面を拭き取って細菌を採取。調理場とトイレ計28カ所のうち25カ所で、ほかの菌を圧倒して多数の芽胞形成菌を確認した。多くは枯草菌や卒倒病菌などで、病原性が低かった。

 出入り口は全体の菌数が少なかった。芽胞形成菌ではない大腸菌や黄色ブドウ球菌はほとんど検出されず、清掃は十分実施されていると分析している。(2011/05/09)

芽胞形成菌とは、weblio辞書によると

 細菌の中には生育環境が悪くなると、芽胞をつくって耐えるものがある。一般に土壌中に生息している細菌で、枯草菌や炭疽菌などのバチルス属と破傷風菌、ボツリヌス菌、ウェルシュ菌のようなクロストリジウム属の細菌が芽胞をつくる。これらの細菌は熱にも乾燥にも強いので、容易に殺菌できないので注意が必要である。
とある。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

生肉、新鮮でも油断禁物

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

生肉、新鮮でも油断禁物 : ニュース : 新おとな総研 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

十分加熱し、食中毒を予防

 焼き肉チェーン店の集団食中毒事件で、国の衛生基準を満たしていない食肉を生で食べることには、危険があることが明らかになった。ユッケや刺し身、スシなど生肉を使った料理を出す飲食店も多い。これまでも食中毒は発生しており、その危険について知っておきたい。

 「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件では、生肉で作るユッケが原因とみられている。厚生労働省は1998年に牛、馬用の「生食用食肉の衛生基準」を通知し、「専用設備を設ける」「表面の細菌汚染を取り除く」などを示している。

 しかし同省によると、2009年度、通知に基づいた食肉の出荷実績は、馬肉と馬のレバーだけ。馬肉は「馬刺し」での消費が多いが、牛は生食を想定した食肉加工処理が行われていないという。鶏肉は生食の衛生基準すらない。

 食肉を生で食べたことが原因とみられる食中毒が増えているとして、東京都の食品安全情報評価委員会は、09年に消費者と飲食店にアンケート調査を実施している。

 消費者1000人のうち、3か月以内に食肉を生で食べた人は40%に上った。食べた場所は「飲食店」が80%、「自宅」が19%。よく食べる料理は「牛肉のユッケ・タルタルステーキ」が最も多く、次いで「牛肉のたたき」「馬肉の刺し身」「とりわさ・鶏のたたき」など。生肉を食べた人で、腹痛や下痢などの「体調不良を起こしたことがある」と回答した人も29人いた。

 飲食店112事業者のうち、57%が3か月以内に生肉の料理を提供。使った肉は「仕入れ元が生食できるとした肉」「新鮮だと自分や責任者が判断した肉」など、食肉業者や店が生食用と判断していた。

 国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦さんは「これまであまりなじみがなかった生の肉を食べる習慣が急速に広がっている。これから夏にかけては、食中毒菌が増えやすくなる」と警告する。

 生肉で起こりやすい食中毒には、腸管出血性大腸菌のほか、カンピロバクターによるものがある。どちらも家畜の腸管内に生息する細菌だ。食肉処理や調理の過程で、肉の表面などが汚染され、菌が増殖して食中毒を起こす。感染者の糞便から、手指を介して感染が広がることもある。下痢や腹痛、嘔吐、発熱が典型的な症状だ。

 岡部さんは「『肉が新鮮であれば大丈夫』というのは誤解。新鮮でも菌が付着していれば感染の可能性はある。特にO111やO157といった腸管出血性大腸菌は菌数が少なくても発症する」と話す。

 生食に適さない食肉が出回っている可能性があるため、食品安全委員会は、「レバーなどの牛の内臓や牛肉を生で食べることは控える」などの情報をホームページに掲載。特に子どもや高齢者など抵抗力が弱い人は重症になりやすいと注意を促している。

 岡部さんは「大人は安全というわけではないが、大人が軽症で済む場合も、子どもや高齢者は命を落とす危険が高いことを知ってほしい」と話す。肉を調理する場合は、中心部まで加熱する。食べる箸で生肉を触らず、生肉に触れた野菜なども加熱するなどの注意が必要だ。岡部さんは、「歩けないほどの腹痛や血液の混じった便が出たら、すぐに医療機関での診察が必要。脱水症状や意識障害が出たら命にかかわることもある」。下痢などの症状が心配なら医療機関に相談したい。

(2011年05月09日  読売新聞)

kiyohikoは、肉大好きだが、ユッケ、レバ刺しなど牛の生肉を食べたことがない。

旨そう、食べたいと思ったことがないから。

馬刺しは、森下の有名店で1,2度ある。

その時は、ニンニク、生姜の薬味をたっぷりつける。
毒消しのためだがその方がおいしい。

だがやはり好きにはなれない。

ステーキ、すき焼き、鍋の方がよい。

焼けばレアでも中毒はしない。

菌は表面にしかついていないので表面を焼けば菌は死ぬ。

肉の内部には菌はいないからレアでも安心。

やはり肉は火を通して安心に食べるに限る。

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

肉の食中毒、O111なぜ怖い…子どもやお年寄り要注意

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):肉の食中毒、O111なぜ怖い…子どもやお年寄り要注意 - アピタル(医療・健康) 2011年5月7日

大腸菌の仲間が毒素をつくる

Tky201105060451

 O(オー)111やO157など「腸管出血性大腸菌」と呼ばれる大腸菌の仲間が怖いのは、「シガ(ベロ)毒素」と呼ばれる毒素を作るからだ。この毒素は血管の内側にくっついて、血管や細胞を破壊する。腸管の血管につくと出血を伴う腸炎が起こり、血便が出る。毒素が腎臓に回ると、「溶血性尿毒症症候群(HUS)」になり、腎臓が働かなくなる。脳内に入れば、脳神経細胞に障害が出て、脳症が起こる。

 腸管出血性大腸菌の中でO111は1割に満たない。厚生労働省によると、この10年で国内の食中毒患者はゼロだった。一方で、O157は9割を占め、この10年で約2600人が発症、10人が死亡している。

 O111で重症化しやすいのは、抵抗力の弱い子どもや高齢者だ。成人でもO111が大量についた食品を食べれば危険だ。理由は不明だが、女性は男性より重症化しやすいとされている。

食肉処理時に菌がつく可能性

 腸管出血性大腸菌は家畜の腸内に生息し、皮膚にも付いている。普段食べる肉は筋肉部分でここには本来いない。しかし、家畜をと畜解体する際に細菌が肉の表面に移ることがある。と畜場でも腸管の中身が出ないよう処理し、ナイフや機械を消毒しているが、品川邦汎・岩手大名誉教授(食品微生物学)は「生きものである家畜を完全に消毒はできず、細菌をゼロにはできない」と話す。

 ユッケは加熱処理しないため、菌が付いていれば、そのまま口に入る。汚染されたものを放置すれば、細切れにして肉の表面積が増えた分、増殖も激しい。

 焼き肉店1161店舗が加盟する全国焼肉協会(東京都)は2008年秋、ユッケの製造マニュアルを加盟店に配布した。肉を0~4度で保管することや、専用の包丁、まな板、味付け用ステンレスボウルを使うなどの注意点を挙げた。しかし、加盟店でどれだけ実践されているかはわからない。フーズ社はこの協会には加盟していなかった。

乳幼児や高齢者は加熱して

 牛肉は肉の表面を削りとるなど、厚生労働省の衛生基準を守って処理すれば、飲食店は客に生でも提供できる。同省は「大部分の営業者は基準を守って適切に処理していた」とみている。

 衛生基準は1998年に作られた。と畜場、食肉処理施設での加工や飲食店での調理法を定めた。基準に沿って処理した肉は「生食用」と表示し、と畜場や食肉処理場の名前なども示すよう求めている。

 ただし、大腸菌が牛の肉の表面につく危険はあり、感染症の専門家は「菌が肉についてしまえば、表面を削るなどしても、食中毒のリスクは消えない」と話している。

 消費者向けに生食の危険性を啓発する自治体も多い。東京都は専門のサイト(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/nama/)で注意喚起している。

 厚労省の担当者も「乳幼児や高齢者は、十分に加熱した肉以外は食べさせないで欲しい。大人でも、食べたい人は感染のリスクを理解したうえで判断を」と話している。

 生食でなくても、加熱が不十分だと食中毒のリスクがある。腸管出血性大腸菌は、75度で1分以上加熱すると死ぬ。しかし、ひき肉からつくるハンバーグなどは、内部まで菌が入り込みやすく、より加熱が大切だ。

 注意したいのは、加熱前の生肉の調理に使ったまな板や包丁、人間の手を通じ、野菜など、生で食べる食材に菌が付着してしまうケースだ。生肉の調理に使った器具は熱湯で消毒し、洗剤で手を洗ってから他の食材を調理したほうがいい。生肉は冷蔵庫で10度以下で保存すれば、菌は増えにくくなる。

厚生労働省公表資料 平成23年5月4日 「腸管出血性大腸菌食中毒の予防について
から知識と対策法が得られる。

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

腸管出血性大腸菌による食中毒に関する情報 | 食品安全委員会

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

リンク: 食品安全委員会:腸管出血性大腸菌による食中毒に関する情報 | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する. 平成23年5月6日作成

 今般、富山県等で発生した腸管出血性大腸菌による食中毒事件において、飲食店で食肉を生食した小児等の死亡者、多くの重傷者が確認されていることから、厚生労働省では、生食用食肉を取り扱う営業施設に対する監視指導を緊急に実施するよう都道府県等に通知するとともに、関係営業者に対して、生食用以外の食肉を生食用として消費者に提供することがないよう衛生管理の徹底を図っているところです。
 牛肉やレバーなどの牛内臓を食べる場合には、次の点に十分注意してください。

 1 牛肉やレバーなどの牛内臓を生で食べることはひかえること

 2 腸管出血性大腸菌は75℃で1分間以上の加熱で死滅するので、牛肉や牛内臓を調理する際には、中心部までよく加熱すること 

 3 特に乳幼児やお年寄りでは、死亡したり重い症状になることがあるので、生や加熱不十分な牛肉やレバーなどの牛内臓を食べないよう、周りの方も含め注意すること

腸管出血性大腸菌による食中毒について[PDF]

腸管出血性大腸菌による食中毒の防止について

食品安全委員会は、国民の皆様にぜひ知っておいていただきたい食中毒の予防に役立つ情報をお知らせしています。
「食中毒予防について」
http://www.fsc.go.jp/sonota/shokutyudoku.html
「誰でもなる!?食中毒を防ぐ調理を考える」(動画)
http://www.fsc.go.jp/osirase/dvd/movie_science_cafe5.html

関係省庁からのお知らせ

生食用食肉を取り扱う施設に対する緊急監視の実施について
(厚生労働省公表資料 平成23年5月5日)

腸管出血性大腸菌食中毒の予防について
(厚生労働省公表資料 平成23年5月4日)

腸管出血性大腸菌食中毒を防ぐポイントはごく常識的なこと。

ノロウイルスに対する加熱は85℃ 1分以上とされていて大腸菌より10℃高い。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

飲食店への規制強化へ 焼き肉店食中毒、死者3人に

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):飲食店への規制強化へ 焼き肉店食中毒、死者3人に - アピタル(医療・健康) 2011年5月5日

 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」(本社・金沢市)の集団食中毒で、富山県は4日、同県砺波(となみ)市にある砺波店でユッケなどを食べた40代の女性が死亡したと発表した。死者は富山、福井両県の男児に続き3人目で大人では初めて。厚生労働省は、生肉を出している飲食店への規制強化に乗り出す。

 神奈川県を含め3県の患者は78人に増え、腸管出血性大腸菌のO(オー)111などで起きる溶血性尿毒症症候群(HUS)やその疑いがある重症者は23人になった。

 富山、福井両県の男児2人のケースで検出されたO111の遺伝子型が一致していることから、食肉が汚染されたのは個別店舗ではなく、東京都板橋区内の食肉卸売業者から仕入れる前の段階だった可能性が高まっている。富山県によると、この業者は東京都の調査に「生食用として出荷したものではない」と答えているという。

 ただ、店舗での調理や保存の過程で菌を増やした可能性もある。

 富山県の調査では、死亡した女性は4月23日に砺波店を家族数人と訪れ、ユッケなどを食べたという。26日に腹痛を訴え、翌27日に入院しHUSを発症。30日から昏睡(こんすい)状態だった。

 業務上過失致死傷容疑で捜査している富山、福井両県警は4日、合同捜査本部を設置した。

 腸管出血性大腸菌は牛などの腸内におり、内臓を取り出す際に肉についたり、その肉を加工・調理したりする際に汚染が広がることがある。厚労省の生食用の肉の衛生基準では、汚染された可能性がある肉の表面を削り取るなどの指標を定め、販売時には「生食用」と表示することを食肉処理施設や卸売業者に求めている。ただ基準に強制力はない。

 「生食用」表示の牛肉は2008年度以降、全国の食肉処理施設から出荷実績がないという。だが、「ユッケ用として注文すれば、簡単に仕入れられる」という飲食業者もおり、実際には多くの店では生肉が出されている。

 厚労省は、生肉を提供している飲食店への立ち入り検査を強化するよう都道府県に要請する方針を固めた。どんな肉を仕入れ、どう調理しているか確認し、基準を守るよう指導してもらう。罰則がある食品衛生法に基づき、肉の生食に関する基準を新しく設けることも検討している。

 また厚労省は、今回の食中毒でHUSを発症した人の割合が3割程度と高い点にも注目。通常の発症率は高くても1割程度とされ、菌が変異して強毒化したか、肉に付着していた菌の数が多かった可能性があるとみている。厚労省は4日、専門家の調査チームを富山県に派遣した。(雨宮徹、稲石俊章)

この記事の直後のニュース - アピタル(医療・健康) 2011年5月5日

富山県は同県砺波(となみ)市の砺波店を利用し、重症になっていた県南西部在住の70代女性が5日午前6時すぎ、死亡したと発表した。これで一連の集団食中毒での死者は、富山、福井両県で合わせて4人目になり、高齢の死者は初めてになる。

食や医の提供者は常に細心の注意を払い、ゆめ怠ってはいけないのだ。
自戒し他山の石とすべし。

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

細菌検査せずユッケに…「菌つかないと思った」

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

細菌検査せずユッケに…「菌つかないと思った」 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の店舗で食事した富山県高岡市と福井市のいずれも6歳の男児が、腸管出血性大腸菌「O(オー)111」に感染し、死亡した集団食中毒で、同チェーンを運営するフーズ・フォーラス社は2日、金沢市の本社で記者会見し、厚生労働省の基準で生肉を提供する際に求められている細菌検査を実施していなかったことを明らかにした。

 男児2人はいずれも、先月16日に仕入れた加熱用肉を生のまま調理したユッケを食べて発症した可能性が高く、同社の勘坂康弘社長は「認識に甘さがあった」と謝罪した。

 厚労省は基準で、生肉を提供する店に対し、肉のサンプルをとって細菌検査することを指導している。検査では、刻んだ肉を培養液に入れて大腸菌などの有無を調べる。同社は2009年7月を最後に検査を行っておらず、勘坂社長は「一度も陽性反応が出なかったので、肉に菌が付くことはないと思った」と話した。

(2011年5月3日 読売新聞)

生肉の調製には菌の汚染を防ぐ原則があるはず。

汚染は肉の表面から始まるので表面はそぎ落とし使用しない、
手指は洗浄除菌してとりかかる、
調理器具・布巾等は汚染しないよう洗浄・殺菌したものを使用し、
調理の間に汚染しないよう気をつける、
調理して時間を置くことなく提供する など。

きちんとしたマニュアルがあって遵守していたのだろうか。

生食への警告はメディアの最近の報道でよくなされ、ブログでも取り上げていた。

岩見沢食中毒、調理用具の洗浄不足 11/02/24

カンピロバクター食中毒 生肉抵抗感薄れ急増  10/08/16

食中毒にご用心 意外な盲点 10/07/16

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

厚生労働省 メタボ健診、見直し開始

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

厚生労働省 メタボ健診、見直し開始 - MSN産経ニュース 2011.5.3 07:23

厚生労働省は、40~74歳を対象とした特定健康診査、いわゆる「メタボ健診」の見直し作業をスタートさせた。平成20年度に始まった医療制度改革での医療費抑制の目玉施策だったが、実施率の低迷などを受け、開始から3年余りで見直しを余儀なくされた。メタボ健診は、生活習慣病を予防することで増え続ける医療費を抑制するために導入された。ルールを弾力的に運用し実施率を高めるのが狙いで、先月25日に立ち上げた有識者検討会で議論して来年夏までに結論を示し、25年度から適用する方針。
関心を持たない人が多いのは、基準にナンセンスさを感じる人が多いからだろう。
高コレステロール=長寿、脂質栄養学会が指針 10/09/03
血圧・血糖・脂質異常ならメタボ未満の腹囲でも危険 10/04/06
「男85センチ、女90センチ」メタボ腹囲 根拠なし 10/02/10
ロコモ メタボよりこわい! 09/11/11
やせててもメタボ 国際組織が新たな基準 09/10/30

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

学校放射線基準は「安全でない」 ノーベル賞受賞の米医師団

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

学校放射線基準は「安全でない」 ノーベル賞受賞の米医師団 - 47NEWS(よんななニュース)

 福島第1原発事故で政府が、福島県内の小中学校などの屋外活動制限の可否に関する放射線量の基準を、年間20ミリシーベルトを目安として設定したことに対し、米国の民間組織「社会的責任のための医師の会(PSR、本部ワシントン)」が2日までに「子供の発がんリスクを高めるもので、このレベルの被ばくを安全とみなすことはできない」との声明を発表した。

 PSRは1985年にノーベル平和賞を受賞した「核戦争防止国際医師の会」の米国内組織。

 声明は、米科学アカデミーの研究報告書を基に「放射線に安全なレベルはなく、子供や胎児はさらに影響を受けやすい」と指摘。「年間20ミリシーベルトは、子供の発がんリスクを200人に1人増加させ、このレベルでの被ばくが2年間続く場合、子供へのリスクは100人に1人となる」として「子供への放射線許容量を年間20ミリシーベルトに引き上げたのは不当なことだ」と批判した。2011/05/02 09:45   【共同通信】

内閣官房参与の小佐古東大大学院教授が辞任したのも、この引き上げに反対なのが理由といわれる。

一方で稻恭宏医学博士などが提唱する低線量率放射線有益論もある。

有益論を正しいとするならば、現在1ミリシーベルト(年間)などの基準を定めている法律との整合性に焦点を当てた議論に及ぶべきだと思うが。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »