« 簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発 | トップページ | 携帯電話で脳腫瘍の可能性?危険度コーヒー並み »

2011年5月31日 (火)

薬のネット販売、初の立件へ 薬品会社長を近く書類送検

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):薬のネット販売、初の立件へ 薬品会社長を近く書類送検 - アピタル(医療・健康) 2011年5月31日

 対面販売を義務づけられた医薬品のインターネットによる通信販売を続け、大阪府の改善命令に従わなかったとして、府警は近く同府枚方市で薬局を開設する医薬品販売会社「光漢堂」の三牧剛太郎代表(55)を薬事法違反(改善命令違反)の疑いで大阪地検に書類送検する。

 厚生労働省によると、2009年6月の改正薬事法施行で薬の通販が規制されて以降、薬の対面販売を巡っての立件は初めて。

 捜査関係者によると、代表はネット上に開設したホームページで、医療用医薬品などの通信販売を続け、府が09年12月と10年7月の2度にわたり、薬剤師による対面販売形式にするよう改善命令を出したのに、従わなかった疑いがある。府が4月19日に府警に告発していた。

この問題は、消費者にとっての得失を物差しにして見なければならない。
管理する行政の便宜を第一義にしてはならない。
ネット販売・郵送販売で不利益をこうむる業態の圧力に影響されてはならない。

ネット販売・郵送販売を禁止する立場の側が金科玉条にする対面販売は、服用する人の病状を何も知らない代理人に販売することを含めている点で自己矛盾の極み。

|

« 簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発 | トップページ | 携帯電話で脳腫瘍の可能性?危険度コーヒー並み »

薬郵送販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発 | トップページ | 携帯電話で脳腫瘍の可能性?危険度コーヒー並み »