« 歯周病が動脈硬化を悪化…仕組み解明 | トップページ | 政府の被ばく基準に批判相次ぐ 衆院特別委で専門家 »

2011年5月21日 (土)

血液でうつ病診断、簡便な検査法開発 リン酸濃度を測定

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):血液でうつ病診断、簡便な検査法開発 リン酸濃度を測定 - アピタル(医療・健康) 2011年5月21日

 血液中に含まれるリン酸の濃度を測り、うつ病を診断する検査法を、慶応大の研究成果をもとにしたベンチャー企業が開発した。従来、研究されてきた血液による診断法に比べ簡便なことが特徴。健康診断で使うことで早期発見につながる可能性がある。

 開発したのは「ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ」(山形県鶴岡市)。22日に、東京都で開かれる日本生物学的精神医学会で発表する。

 同社は、国立精神・神経医療研究センターで「大うつ病性障害(うつ病)」と診断された31人と、年齢や性別の構成が近い健康な35人の血液を分析。うつ病患者は、血漿(けっしょう)中の「エタノールアミンリン酸」の濃度が低いことを見つけた。

 このリン酸の濃度を調べて、うつ病患者を正しく診断できた確率は82%、健康な人をうつ病でないと診断できた確率は95%だった。

 血液でうつ病を診断する方法は複数の研究グループが開発している。しかし、約20種類の白血球の遺伝子を調べたりするなど、簡便な測定は難しかった。

 同社は、このリン酸の濃度を数分で測れる試薬を開発中。1年以内に完成する見込みで、臨床試験を行い、医療機器としての承認を目指す。

 厚生労働省研究班の調査では、一般医の9割は経験則でうつ病を診断しているという。うつ病で受診している人は70万人を超えるが、治療が必要な人の4分の1程度しか受診しておらず、早期発見が難しい。(岡崎明子)

関連過去記事

怒りっぽくなったら厄介な病気かも 10/02/22

|

« 歯周病が動脈硬化を悪化…仕組み解明 | トップページ | 政府の被ばく基準に批判相次ぐ 衆院特別委で専門家 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯周病が動脈硬化を悪化…仕組み解明 | トップページ | 政府の被ばく基準に批判相次ぐ 衆院特別委で専門家 »