« 腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人 | トップページ | 簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発 »

2011年5月30日 (月)

超悪玉コレステロール、分子の形に原因 英チーム

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):「超悪玉」コレステロール、分子の形に原因 英チーム - アピタル(医療・健康) 2011年5月30日

 悪玉コレステロールよりも心筋梗塞(こうそく)を起こしやすい「超悪玉」として注目される新種のコレステロールが、悪さをする仕組みを英ウォリック大チームが突き止めた。米糖尿病学会誌の最新号に論文を発表した。

 超悪玉は、生活習慣病である2型糖尿病の患者や高齢者の血中に最近見つかった。悪玉であるLDLコレステロールより、分子が小さく、比重がやや高いのが特徴だった。

 詳しく調べたところ、LDLコレステロールに糖が結び付いて表面の形が変化すると「超悪玉」になり、血管の壁につきやすくなる性質を持つことがわかった。血管が詰まると心筋梗塞などの原因となる。

中性脂肪が元凶とされている。

当然食養生が重要になる。

糖分摂取を控える。

酒・たばこを控える。

ウオーキングなど適度な運動。

漢方式の正しい食養生がおすすめ。(左のカテゴリー食養生をどうぞ)

|

« 腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人 | トップページ | 簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人 | トップページ | 簡単に飲める薬:ゼリー状で水なしでOK 大阪の企業開発 »