« ユッケ食中毒 発生少ないO111 なぜ死者が…菌の「強毒化」原因か | トップページ | 数人「ユッケ食べてない」 えびす食中毒、はし通じ感染か »

2011年5月17日 (火)

正常細胞が丸のみ破壊…がん治療に期待 神戸大解明

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

正常細胞が丸のみ破壊…がん治療に期待 神戸大解明 - MSN産経ニュース 2011.5.16 10:19

 がんのもとになる異常な細胞を、周囲の正常な細胞が食べて破壊するメカニズムを神戸大大学院医学研究科の井垣達吏特命准教授(遺伝学)らのチームが解明した。がんの新たな治療法開発につながる可能性がある。

 がんのほとんどは臓器の内部を覆う「上皮組織」の細胞で発生する。

 チームがショウジョウバエの幼虫を使って実験した結果、上皮組織で一部の細胞ががんになりかけると、隣の正常な細胞で特定のタンパク質の働きが活発になり、ほかの細胞を食べやすいように形状を変化させていた。その後、異常細胞を生きたまま丸のみして破壊した。

 チームはヒトやイヌなどの培養細胞を使った研究も進めている。井垣特命准教授は「これまではがん細胞を殺す努力をしてきたが、正常な細胞を元気づけ、食べさせる治療法も考えられる」と話している。

 成果は米科学誌デベロップメンタルセルに掲載された。

人で確認がなされればすばらしい。

「ショウジョウバエのオスの精子は『DNA修復力』を持たない極めてまれな例」という、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成23年(2011)4月27日(水曜日)を思い起こされる。

|

« ユッケ食中毒 発生少ないO111 なぜ死者が…菌の「強毒化」原因か | トップページ | 数人「ユッケ食べてない」 えびす食中毒、はし通じ感染か »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユッケ食中毒 発生少ないO111 なぜ死者が…菌の「強毒化」原因か | トップページ | 数人「ユッケ食べてない」 えびす食中毒、はし通じ感染か »