« 京都の113歳・木村さんが世界最高齢男性に | トップページ | 肺炎患者が急増 ヘドロ乾燥 粉じん原因か »

2011年4月19日 (火)

ツムラ 甘草 大量栽培に成功

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):ツムラ、「甘草」大量栽培に成功 漢方で使う生薬 - アピタル(医療・健康) .2011年4月18日

 漢方薬の最大手ツムラは18日、生薬の一つ「甘草(かんぞう)」の大規模栽培に成功したと発表した。甘草は漢方薬の7割で使われ、主に中国から野生品を輸入している。しかし、近年、乱獲が問題となり、中国政府は輸出を制限している。ツムラは将来は、全てを栽培品にシフトする方針だ。

 甘草の根や茎には、抗炎症や抗アレルギー作用があり、年間1千トン以上を中国から輸入している。中国では需要の高まりで資源枯渇が心配されているが、人工栽培では有効成分を含む甘草が育ちにくかった。

 ツムラは10年前から北京中医薬大学などと研究を始め、中国で栽培に適した土壌を突き止めた。主成分のグリチルリチン酸2.5%以上を含むという医薬品の基準を満たし、通常5年の栽培期間も1年3カ月と短縮、収穫量も7倍に上るという。中国の特許登録手続きを完了しており、野生品の在庫が無くなり次第、栽培品を使い始めるという。(岡崎明子)

国内栽培の研究に関しても昨年から報道がある。

薬用植物のカンゾウ栽培へ 合志市と新日本製薬 11/03/09

漢方原料「甘草」も脱中国 国内栽培開始へ 10/12/07

|

« 京都の113歳・木村さんが世界最高齢男性に | トップページ | 肺炎患者が急増 ヘドロ乾燥 粉じん原因か »

漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都の113歳・木村さんが世界最高齢男性に | トップページ | 肺炎患者が急増 ヘドロ乾燥 粉じん原因か »