« 放射性物質の暫定規制値、食品や水は現状維持で | トップページ | 富山化学、国産抗インフル薬「T-705」申請 »

2011年3月31日 (木)

新型インフル 季節性に移行 厚労省

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

【新型インフル】「季節性に移行」と厚労省 - MSN産経ニュース 2011.3.31 16:27

 平成21年春に発生、世界的に大流行した新型インフルエンザについて、厚生労働省は31日、新型としての対策を終えたと発表した。4月からはA香港型などと同じ季節性インフルエンザとして扱う。

 新たな名称は「インフルエンザ(H1N1)2009」。新型の流行を受けて始めた重症者などの発生動向の把握は、来シーズンも簡素化した形で続ける予定という。

 21~22年は推計約2077万人がインフルエンザにかかり、ほとんどは新型で、ピークは秋という変則的な流行だった。22~23年は3月10日までの推計患者数は約962万人で、新型のほかA香港型の患者も多く、冬にピークを迎えるという例年並みの状況となった。このため専門家の部会で検討し、季節性への移行を決めた。

前評判ほどこわいインフルでなかったのはよかった。

|

« 放射性物質の暫定規制値、食品や水は現状維持で | トップページ | 富山化学、国産抗インフル薬「T-705」申請 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放射性物質の暫定規制値、食品や水は現状維持で | トップページ | 富山化学、国産抗インフル薬「T-705」申請 »