« リンゴ病、全国で増加 妊婦は特にご用心 | トップページ | 医薬品ネット販売 規制緩和案に波紋 安全性、どう確保!? »

2011年3月 5日 (土)

全国4例目、ワクチン接種後に乳児死亡、公費負担見合わせへ/川崎

ふじみ野市マサキ薬局の 漢方なブログ です。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、左のLIMKSか右のプロフィールからどうぞ。

全国4例目、ワクチン接種後に乳児死亡、公費負担見合わせへ/川崎:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社 2011年3月5日

 川崎市は4日、DPT(ジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種混合)と、細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの計3種類の予防接種を受けた同市内に住む生後3カ月の女児が死亡したと発表した。死亡例は兵庫県宝塚、西宮の両市、京都市に続き全国で4例目。

 厚生労働省は同日、ヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンなどの接種後に乳児らが死亡したのを受け、公費での接種費用補助をしているこの2種類のワクチンの接種を当面、見合わせることを決め、自治体に伝えた。

 厚労省によると、4例ともワクチンの接種と死亡との因果関係は不明。今後専門家による調査会などを開いて検討する。

 川崎市健康福祉局によると、兵庫県で幼児2人が死亡した報道を見て、女児の母親から同日午後2時50分ごろ、市内保健所に通報があった。女児は2月17日に市内の民間診療所で接種し、3日後の20日午前8時ごろ、呼吸停止状態になっているのを母親が発見。市内の民間病院に救急搬送後、死亡が確認された。女児に基礎疾患はなく健康だったという。同局は「予防接種との因果関係は不明」としている。

 川崎市は2011年度から、ヒブ、小児用肺炎球菌の両ワクチンなどを公費で全額負担する予定だったが、「国の指示に従って当面見合わせる」としている。今回のヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンの接種は任意だった。

厚労省の発表はこちら

関連過去記事

ワクチン20種類はどこまで安全なのか? 09/12/01

ワクチン“格差”ヒブは20年 10/04/26

ヒブワクチン定期接種を 10/01/18

|

« リンゴ病、全国で増加 妊婦は特にご用心 | トップページ | 医薬品ネット販売 規制緩和案に波紋 安全性、どう確保!? »

医療」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リンゴ病、全国で増加 妊婦は特にご用心 | トップページ | 医薬品ネット販売 規制緩和案に波紋 安全性、どう確保!? »