« iPS細胞でヒトの精子や卵子、慶応大倫理委が計画承認 | トップページ | 口腔乾燥症ドライマウス 本当の怖さ »

2011年2月16日 (水)

大人の「リンゴ病」要注意 4年ぶり流行

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

大人の「リンゴ病」要注意…4年ぶり流行 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

関節痛、流産も

 ほおがリンゴのように赤くなる「リンゴ病」(伝染性紅斑)が流行している。幼児の病気として知られるが、大人が感染するとひどい関節痛などを併発するほか、妊婦では流産や死産の恐れもある。

 国立感染症研究所では注意を呼び掛けている。

 伝染性紅斑は、4、5歳を中心に、9歳以下の子どもで約9割を占めるウイルス性感染症。同研究所によると4~5年に1度の流行がある。

 全国約3000か所の小児科からの報告によると、1月24~30日の患者数は2008人で昨年の同時期と比べて約6倍。2002年、07年に次ぐ流行という。患者数が最も多くなる夏に向け、今後も流行が続く見通しだ。

 伝染性紅斑に感染すると、1週間ほどで鼻水やせき、発熱など風邪に似た症状が出る。このころウイルスの排出量が最も多くなるが、この時点で病名を特定することは難しい。

 感染から10~20日経過すると両ほおが赤くなったり、腕や足にレース状の発疹が見られたりと、リンゴ病特有の症状が出るが、すでにこの時には感染力がほぼ失われている。ワクチンもなく、予防は難しいとされる。

 子どもが感染しても大半は症状が軽いことから、あまり深刻な病気ととらえられていないが、大人が感染すると重い症状が出ることがあるので注意が必要だ。成人はほおが赤くなることは少ないが、合併症として関節痛や関節炎を訴える人が男性では約3割、女性では約6割に及ぶ。中には起きあがれないほどの痛みが1~2日続く人もいるという。

 また、妊婦が感染した場合、胎盤を介して胎児も感染。流産、死産に至るケースもある。

 同研究所感染症情報センター主任研究官の安井良則さんは「保育園や幼稚園などで感染者が出た場合は、速やかに保護者に情報提供し、妊婦は居室内に立ち入らせないようにするなど、徹底した対応を取ってほしい」と話す。感染力の強いインフルエンザやノロウイルスなどに比べ、危機感の薄い施設が多いという。

 伝染性紅斑の感染経路の中心は飛沫と接触による感染だ。マスクを着用し、手洗いを徹底することが予防の第一歩となる。風邪のような症状が出た場合、鼻水などの飛沫を飛ばさないよう「せきエチケット」を守ることも必要だ。

(2011年2月16日 読売新聞)

関連過去記事

山梨県内 リンゴ病患者が急増、季節はずれの流行 11/01/10

|

« iPS細胞でヒトの精子や卵子、慶応大倫理委が計画承認 | トップページ | 口腔乾燥症ドライマウス 本当の怖さ »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPS細胞でヒトの精子や卵子、慶応大倫理委が計画承認 | トップページ | 口腔乾燥症ドライマウス 本当の怖さ »