« はしか感染、目立つ「輸入例」 1月は患者の約3割 | トップページ | iPS細胞でヒトの精子や卵子、慶応大倫理委が計画承認 »

2011年2月14日 (月)

小中学生920人超が食中毒か 岩見沢市、サルモネラ検出

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

小中学生920人超が食中毒か 岩見沢市、サルモネラ検出 - 47NEWS(よんななニュース) 

 北海道岩見沢市は14日、市内の小学校と中学校計9校の児童と生徒計925人が腹痛などの症状を訴え学校を欠席、うち7人が入院したと発表した。

 道教育委員会などによると、症状の重い児童・生徒はいない。11日から腹痛や下痢を訴え、医療機関への受診が相次いでいた。入院者の便からサルモネラ菌が検出されており、市の共同調理所で作った給食が原因の集団食中毒とみられる。

 調理所は2種類の給食を作っており、発症者が出た9校の約3100人は同じ献立を食べた。発症者が出る直前の10日は、ジャガイモのみそ汁、大根のそぼろ煮、小松菜のサラダなどが出されたという。

 岩見沢保健所は14日午前、同調理所の立ち入り調査を開始、同じ給食を食べた9校を同日午後から休校とした。2011/02/14 13:37   【共同通信】

サルモネラ菌中毒は、21年で

発生件数  67

患者数   1518

死者    -

となっている(食品安全委員会ー厚労省食中毒統計より)

今回の数字ははずいぶん大きい。

|

« はしか感染、目立つ「輸入例」 1月は患者の約3割 | トップページ | iPS細胞でヒトの精子や卵子、慶応大倫理委が計画承認 »

食のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はしか感染、目立つ「輸入例」 1月は患者の約3割 | トップページ | iPS細胞でヒトの精子や卵子、慶応大倫理委が計画承認 »