« インフルワクチン接種後死亡 今シーズン5例目 | トップページ | 小中学生920人超が食中毒か 岩見沢市、サルモネラ検出 »

2011年2月12日 (土)

はしか感染、目立つ「輸入例」 1月は患者の約3割

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

はしか感染、目立つ「輸入例」 1月は患者の約3割 - 47NEWS(よんななニュース) 2011/02/12 10:13 【共同通信】

(リンクが多すぎるという指摘を受けたので、当面ニュースソースにリンクしません)

ウイルスによって感染が広がるはしかが、海外から持ち込まれるケースが増えていることが国立感染症研究所の集計で12日、分かった。患者のうち「輸入例」は2008年は0・3%だったが、09年は2・4%、昨年は7・3%に。ことしは1月の3週間分だけだが28%になった。

 以前は、日本人が海外で感染を広め、はしかの「輸出国」と批判されたが、最近ではそうしたケースも少なくなり「輸入国」に転じた形だ。海外から持ち込まれ国内で感染が広がる場合もあり、専門家はワクチン接種を受けておくよう訴えている。

 はしかは全身に発疹ができて高熱が出る感染症。合併症として肺炎や脳炎を引き起こすこともある。同研究所によると、1月3~23日の3週間に全国の医療機関から報告された患者は18人。そのうち5人はフィリピン、英国、スペイン、ベトナムで感染していた。

 海外の感染地域の中心はフィリピン、中国などのアジア。09年の場合、計17人が感染した国の大半を占めていた。

 日本では、07年春に全国で流行したが、その後は大きな流行はない。一方、ウイルス検査体制が整い、日本には通常いない遺伝子型のウイルスを見分けられるようになり、輸入例が目立つようになったとみられる。

2007年は麻疹輸出国だったのが今では輸入国になったということ。

麻疹の漢方の対応はきめ細かい。

経過順調のケースでは
発疹の初期には升麻葛根湯などの発疹を促す処方
発疹期には小柴胡湯などの柴胡剤を中心に対応し
回復期には欠乏した津液(体液)を潤す作用の麦門冬湯などの補陰剤を使う

経過異常のケースで呼吸器官に感染を起こしたようなケースにも細かい対応が準備されている。

犀角(サイカク・サイのツノ)は、はしかの解熱の特効薬として広く知られていて、粉末として使われていた。
30年くらい前までは、烏犀角散(ウサイカクサン)という市販薬があったくらいだが、犀角がワシントン条約で禁輸になり、薬としての犀角は姿を消してしまった。

犀角は毒に反応する不思議な性格があり、毒が入った飲み物を犀角の器にそそぐと色が変わる。
それ故、古の貴人は毒を盛られていないかチェックするために犀角器を常用したと聞く。

薬として貴重な犀角や麝香などの動物薬が使えなくなっていくことは、医薬学、医療上の損失で勿体ないことだ。

|

« インフルワクチン接種後死亡 今シーズン5例目 | トップページ | 小中学生920人超が食中毒か 岩見沢市、サルモネラ検出 »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルワクチン接種後死亡 今シーズン5例目 | トップページ | 小中学生920人超が食中毒か 岩見沢市、サルモネラ検出 »