« 自らの病原性抑える遺伝子発見 院内感染の原因菌 MRSA | トップページ | はしか患者、284人減の457人 10年 »

2011年1月13日 (木)

天然痘ワクチン 新たな使命

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 40年培養続けてきた天然痘ワクチンで大口契約 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

各種ワクチンを製造する化学及血清療法研究所(熊本市)は12日、米保健福祉省との間で、天然痘ワクチンの製造などに関する契約を締結したと発表した。

 同研究所には5年間で最大3400万ドルが支払われる見通しで、これは同研究所の年間売り上げの約1割にあたる大口取引。このワクチンは約40年前に開発されたが、天然痘は1980年に世界保健機関(WHO)が根絶宣言を出し、製造されなくなっていた。しかし、天然痘が生物兵器に利用された場合に備えた政府の方針で、同研究所などがワクチン用の弱毒株を培養し続けてきたことが奏功した。

 米国政府は2004年、バイオテロなどに備えて全国民に接種できる量の天然痘ワクチンの備蓄を決定。副作用の少ない同研究所のワクチンを有望視し、米国内での治験の実施費用を含めた契約を締結した。

(2011年1月13日 読売新聞)

日本が平和ボケしているとは世界の情勢を知る人達からよく聞く言だが、バイオテロの脅威が日本を取り巻いている現実から来る動きの一つ。

|

« 自らの病原性抑える遺伝子発見 院内感染の原因菌 MRSA | トップページ | はしか患者、284人減の457人 10年 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自らの病原性抑える遺伝子発見 院内感染の原因菌 MRSA | トップページ | はしか患者、284人減の457人 10年 »