« スギ花粉、来春の飛散は2月上旬ごろから | トップページ | インフル、漢方も選択肢に 耐性ウイルス対策にも »

2010年12月10日 (金)

アロマの刺激 認知症緩和

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: (2)アロマの刺激 認知症緩和 : 連載・健康プラス : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

アロマセラピーの効果が注目される分野に、認知症がある。

 認知症の早期診断・治療の研究で知られる鳥取大医学部の浦上克哉教授は、老人保健施設で暮らす認知症の高齢者28人にアロマセラピーを施し、効果を測定する研究を行った。

 昼用は、集中力を高め、記憶力を強化するといわれるローズマリーとレモンを、独自の配合でブレンド。夜用は、鎮静効果が期待される真正ラベンダーとスイートオレンジを混ぜて作った。これらの香りに接するセラピーを、昼夜2時間ずつ、約1か月間続け、セラピーを受けた期間の前後で記憶力などを調べた。

 正常な人は0点、アルツハイマー型認知症の人だと14点以上になる機器で測ったところ、軽~中度の認知症の高齢者11人については平均で5点、改善が見られた。

 また、夜間よく眠るようになって生活リズムが整ったため、「昼は眠りがちで夜に大声を出す」といった認知症特有の症状も緩和された。

 アルツハイマー病は、嗅覚をつかさどる「嗅神経」から障害が起きるとされ、アロマセラピーは、この嗅神経に良い刺激を与えている可能性がある。

 浦上教授は「研究を参考に、アロマセラピーを導入したグループホームで、お年寄りの表情が良くなったという感想もあります。薬に頼らない認知症対策として、アロマセラピーを試してみてほしい」と話している。

(2010年12月10日 読売新聞)

アロマセラピーマッサージののやり方については、この連載健康プラス(1)に説明の図がある。

201012091395101n

 使う精油は、真正ラベンダーやペパーミント、グレープフルーツなど。患者は、食事制限のストレスが高じた時に、家で香りをかいだり、精油を使ってマッサージしたりする。精油の原液は刺激が強いため、希釈用のオイルで薄めたものを使う。ラベンダーなどには鎮静効果があり、ストレスを軽減できるという。

カテゴリー認知症はこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat37239181/index.html

|

« スギ花粉、来春の飛散は2月上旬ごろから | トップページ | インフル、漢方も選択肢に 耐性ウイルス対策にも »

認知症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スギ花粉、来春の飛散は2月上旬ごろから | トップページ | インフル、漢方も選択肢に 耐性ウイルス対策にも »