« インフル、漢方も選択肢に 耐性ウイルス対策にも | トップページ | 川越地ビール「Beniaka」 最高賞 欧州最大コンテストで »

2010年12月13日 (月)

アロマセラピー 西洋・東洋医学を補完

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: (3)西洋・東洋医学を補完 : 連載・健康プラス : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 西洋医学や東洋医学に足りない点を補う「補完代替医療」として、アロマセラピーに取り組む医療関係者が増えている。

 内科や外科、小児科など5診療科を掲げる「朱クリニック」(東京都葛飾区、朱永真院長)は、必要に応じてアロマセラピーなど補完代替医療も提供する「統合医療」の実践で知られる。患者には、アトピーなどのアレルギー疾患や更年期障害、不定愁訴、慢性疾患など、治りにくい病気や症状の人が少なくない。

 東京都内の50歳代の女性は、更年期障害で、抑うつ症状や倦怠感、不眠などに悩んでいた。朱さんに勧められ、アロマセラピーを定期的に受けたところ、次第に症状は治まった。

 朱さんは「大学病院の外科や救命救急センターで働く中、進行がんや慢性疾患に対する西洋医学の限界を感じた。根治が難しい病気の場合、補完代替医療も合わせて行うと、治療効果が上がりやすい」と話す。

 アロマセラピーの良さは、抵抗感が少ないこと、人の手によるマッサージという方法があることだ。「精油自体の効能に加え、患者を温め、リラックスさせ、血の巡りなどを良くできる。自律神経のバランスを整え、免疫力を上げられます」(朱さん)。

 ただ、効能に関する検証など、課題も多い。「日本アロマセラピー学会」(東京)では、精油の品質確保や、成分の体への作用の解明などを進めていく予定だ。(針原陽子)

(2010年12月11日 読売新聞)

アロマセラピー関連過去記事は

アロマの刺激 認知症緩和 10/12/10

|

« インフル、漢方も選択肢に 耐性ウイルス対策にも | トップページ | 川越地ビール「Beniaka」 最高賞 欧州最大コンテストで »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフル、漢方も選択肢に 耐性ウイルス対策にも | トップページ | 川越地ビール「Beniaka」 最高賞 欧州最大コンテストで »