« デング熱、海外感染急増 年末年始の旅行に注意 | トップページ | 安全なワクチン輸入して ポリオ患者団体、厚労省に要望 »

2010年12月31日 (金)

鼻噴霧型インフルワクチン、効果を確認

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 鼻噴霧型インフルワクチン、効果を確認 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 高濃度のインフルエンザワクチンを鼻の内側の粘膜に噴霧すると、従来の注射型ワクチンでは難しかった感染防止効果が出ることを、国立感染症研究所の長谷川秀樹室長らが臨床研究で確かめた。

 粘膜特有の免疫反応が誘導できたためと見られる。遺伝子が毎年変化するインフルエンザウイルスにも対応し、新たなワクチン開発につながる成果だ。

 研究チームは20~60歳代の健康な男性5人の鼻に、季節性のA香港型インフルエンザに対するワクチンを、通常の3倍の濃度で吹き付けた。3週間の間隔をあけて2回接種すると、全員で鼻汁に含まれる、粘膜特有の免疫物質(抗体)が感染予防に十分とされる量まで増えた。

 この抗体は、10年前のA香港型など過去のウイルスに対しても、感染予防効果が確認できた。接種による副作用も見られなかった。

(2010年12月30日 読売新聞)

関連過去記事

鼻から吸って、肌にはって 痛くないワクチン開発 09/10/26

|

« デング熱、海外感染急増 年末年始の旅行に注意 | トップページ | 安全なワクチン輸入して ポリオ患者団体、厚労省に要望 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デング熱、海外感染急増 年末年始の旅行に注意 | トップページ | 安全なワクチン輸入して ポリオ患者団体、厚労省に要望 »