« 島根県、2万1千羽の殺処分完了 鳥インフル感染の養鶏場 | トップページ | 島根の鳥インフルは強毒性 »

2010年12月 3日 (金)

ノロウイルス、掃除機ご用心 ゴミから感染の恐れ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ノロウイルス、掃除機ご用心 ゴミから感染の恐れ - アピタル(医療・健康).2010年12月2日

 今冬、流行が本格化しはじめたノロウイルスに、掃除機内のゴミから感染する危険性が高いことが分かった。患者の便や吐物から広がる「第三の感染経路」だ。掃除機がウイルスがついた室内のほこりを吸い集めて濃縮するためとみられる。ゴミを0.1ミリグラム程度吸い込むだけで感染・発症する可能性がある。研究者は「掃除機のゴミ処理後は、必ず手洗いとうがいを」と呼びかける。

 ノロウイルスは、患者の便や吐物から空気中のちりやほこりにくっついて感染を広げる性質がある。

 長野県環境保全研究所感染症部の吉田徹也主任研究員らは、掃除機がほこりを集めて濃縮する機能があることに注目し、47の一般家庭で掃除機内のゴミを調べた。すると2家庭からゴミ1グラムあたり最大約50万個のウイルスが見つかった。ウイルスは18~30日間にわたって出続けた。どちらの家庭もその2~4週間前に家族が発症していた。この患者の便などから家庭内のほこりにウイルスが拡散し、掃除機で濃縮されたと見られる。

 ノロウイルスは10~100個で発症する。今回の結果によると、掃除機内のゴミ約0.1ミリグラムで発症する危険があることになる。

 吉田さんは「掃除機のゴミを不適切に処理すると感染源になる危険性が高い」と指摘。感染を防ぐポイントとして、ゴミを処理する時に(1)屋外で取り出す。できればマスクや使い捨て手袋を使う(2)すぐポリ袋などに入れて封をする(3)処理後は手を洗い、うがいをする――を挙げている。(編集委員・中村通子)

関連過去記事

ノロウイルス、流行本格化 消毒・手洗い、徹底を 10/11/26

ノロウイルスが猛威 新型インフルと入れ替わり 10/02/19

|

« 島根県、2万1千羽の殺処分完了 鳥インフル感染の養鶏場 | トップページ | 島根の鳥インフルは強毒性 »

ノロウイルス」カテゴリの記事

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県、2万1千羽の殺処分完了 鳥インフル感染の養鶏場 | トップページ | 島根の鳥インフルは強毒性 »