« インフルエンザ急増、流行突入 A香港型が最多 国立感染症研究所 | トップページ | 脳内の神経細胞、ニコチンで再生 »

2010年12月24日 (金)

鳥インフル まれだが人での発症も 死亡率は6割

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 鳥インフル まれだが人での発症も 死亡率は6割 - MSN産経ニュース 2010.12.23 22:17

 鳥インフルエンザで最も懸念されるのが人への感染だ。国内ではまだ1例も発症した事例は確認されていないが、世界では東南アジアや中国、エジプトなどを中心に8年間で510人が発症し、303人が死亡している。致死率は実に6割に上る。

 多くの場合、自宅で鶏を飼ったり、精肉されていない鶏が市場で売られていたりするような地域で発生しており、厚生労働省は「日本の通常の生活で感染する可能性は極めて低い」としている。しかし、感染した鳥のふんに触れるなどして大量のウイルスが体内に入った場合、感染する可能性がある。

 厚労省や環境省はホームページなどで死んでいる野鳥には近づかないように警告。大量の死骸を見つけた場合は自治体に連絡するよう求めている。

カテゴリー インフルエンザはこちら

|

« インフルエンザ急増、流行突入 A香港型が最多 国立感染症研究所 | トップページ | 脳内の神経細胞、ニコチンで再生 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザ急増、流行突入 A香港型が最多 国立感染症研究所 | トップページ | 脳内の神経細胞、ニコチンで再生 »