« 島根の鳥インフルは強毒性 | トップページ | RSウイルスにご注意 乳児はインフルより重症化の傾向 »

2010年12月 4日 (土)

インフル患者数が6週連続増 流行の兆し

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

ソロソロなのかイヨイヨなのか時節ガ来たようだ。

リンク: インフル患者数が6週連続増 流行の兆し、注意呼び掛け - 47NEWS(よんななニュース).

 国立感染症研究所は3日、全国約5千の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者数(11月22~28日)が、1機関当たり0・44人になったと発表した。10月後半から6週連続の増加。季節性のA香港型が中心とみられる。

 全国的な流行入りの指標である「1人」には達していないが、北海道(2・43人)では既に流行状態。関東、近畿の大都市圏でも複数の学級閉鎖が報告され、流行の兆しが表れ始めている。

 典型的なシーズンでは12月に流行入りし、翌年1月にピークを迎えるため、厚生労働省は感染拡大に注意を呼び掛けている。予防接種の効果が出るのは接種後2週間以降とされており、厚労省は「これから受けるなら月内に」と勧めている。

 1機関当たりの患者が多いのは北海道、大分(1・31人)、沖縄(0・88人)の順。

 最近5週間で検出されたウイルスはA香港型が新型を上回っている。2010/12/03 16:05   【共同通信】

|

« 島根の鳥インフルは強毒性 | トップページ | RSウイルスにご注意 乳児はインフルより重症化の傾向 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根の鳥インフルは強毒性 | トップページ | RSウイルスにご注意 乳児はインフルより重症化の傾向 »