« インフルエンザ、流行開始の兆し 北海道と沖縄で | トップページ | 胃がんはピロリ菌感染症 浅香正博・北大教授「除菌で抑制可能」 »

2010年11月 9日 (火)

インフルワクチン接種後、80代女性が死亡 心臓に持病

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

体力の弱っているときはリスクを頭に入れた判断が必要。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):インフルワクチン接種後、80代女性が死亡 心臓に持病 - アピタル(医療・健康). 2010年11月8日

 厚生労働省は8日、心臓に持病がある80歳代の女性がインフルエンザワクチンを打った後に死亡した、と発表した。かかりつけ医が「接種と関連がある」と報告した。今季の接種は10月から始まったが初の死亡例という。

 同省によると、死因はアレルギー反応の一種「アナフィラキシーショック」と心筋梗塞(こうそく)の疑い。女性は5日にワクチン接種を受けた約1時間半後、抗生物質を飲んだところ、10分後に全身のかゆみが出て、血圧や脈が弱くなり亡くなった。同省は「接種との関連は不明」とし、専門家による検討をするという。

カテゴリー 薬のリスクはこちら。
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat32405761/index.html

カテゴリーインフルエンザはこちら。
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat34091390/index.html

|

« インフルエンザ、流行開始の兆し 北海道と沖縄で | トップページ | 胃がんはピロリ菌感染症 浅香正博・北大教授「除菌で抑制可能」 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザ、流行開始の兆し 北海道と沖縄で | トップページ | 胃がんはピロリ菌感染症 浅香正博・北大教授「除菌で抑制可能」 »