« メントールの使用規制を たばこ条約の締約国会議 | トップページ | 経口妊娠中絶薬のコワサ »

2010年11月23日 (火)

高齢者施設でノロウイルス 福岡県

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 高齢者施設でノロウイルス 福岡県 - MSN産経ニュース. 2010.11.22 23:49

 福岡県などは22日、県内の高齢者施設2カ所で入所者ら計76人が嘔吐や下痢の症状を訴え、うち1施設で発症者からノロウイルスが検出されたと発表した。

 福岡市博多区の施設で5日以降、入所者35人と職員17人が発症し、うち6人からノロウイルスを検出した。3人が入院中だが、快方に向かっているという。

 筑紫野市の施設では入所者と職員計24人が症状を訴え、2人が入院中だがいずれも軽症。県はウイルスによる感染性胃腸炎の可能性が高いとみて調べている。

2日前にも要注意のニュースがあった。

リンク: ノロウイルス流行の兆し 昨年の2倍超 - MSN産経ニュース. 2010.11.20 08:12

 嘔吐(おうと)や下痢を繰り返す感染性胃腸炎の患者が急増していることが、国立感染症研究所の集計で20日、分かった。ほとんどはノロウイルスが原因とみられる。この時期としては過去10年で2番目に多く、昨年の2倍以上に上る。

 同研究所感染症情報センターの安井良則主任研究官は「予防にはせっけんを使って手洗いをしっかりすることが大事。子供を中心に感染が広がるため、嘔吐や下痢の症状があれば、保育園や学校に行くのを控えてほしい」と話している。

 全国約3000の小児科から報告された感染性胃腸炎の患者数は3週連続で増加。7歳以下が70%以上を占める。今月1~7日の1週間は、1カ所当たり5.3人。過去10年で最多は2006年の7.1人で、昨年は2.4人だった。都道府県別では、山形が19.8人で最も多く、次いで大分19.1人。

今年2月に出ていた注意報はこちら。

ノロウイルスが猛威 新型インフルと入れ替わり 10/02/19

|

« メントールの使用規制を たばこ条約の締約国会議 | トップページ | 経口妊娠中絶薬のコワサ »

ノロウイルス」カテゴリの記事

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メントールの使用規制を たばこ条約の締約国会議 | トップページ | 経口妊娠中絶薬のコワサ »