« 狭心症の新治療法 衝撃波当て | トップページ | WHO、多剤耐性菌の対策強化へ チーム発足を検討 »

2010年11月 2日 (火)

なぜダメ?妊娠中の指輪

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

今身近にいる数人の妊婦さんに確認しておこう。

リンク: 【産科医解体新書】(111)なぜダメ?妊娠中の指輪 - MSN産経ニュース .2010.11.2 09:40

 妊娠してしばらくすると、助産師さんなどから指輪やピアスを外すように言われます。乙女心としてつけておきたい気持ちがあるのは分かりますが、やはり医療従事者のアドバイスに従うのが賢明です。

 妊娠後期になると、妊婦さんの体重は7キロから12キロほど増量します。結婚したときには紅葉(もみじ)のようなかわいらしいお手々でも、赤ちゃんを産むころにはヤツデの葉っぱみたいに大きくなるのです。

 「薬指に指輪が食い込んでいても別に構わないじゃない」と思うかもしれませんが、分娩(ぶんべん)は何が起こるか分かりません。緊急で帝王切開になることも想定しておく必要があります。帝王切開のときには電気メスを使うこともありますので、もし指輪をつけたままだとその部分がやけどをしてしまう可能性があるのです。

 同じ理由でピアスも外してもらわなければなりません。最近は耳だけでなくおへそにピアスをする人も珍しくありませんし、眉(まゆ)や舌など至る所にジャラジャラ装着しているサイボーグみたいな方もいらっしゃいます。恐らく空港の金属探知機にひっかかり、飛行機には乗れないのではないでしょうか。飛行機に乗れなくても僕らには関係ありませんが、緊急時には手術台に乗ってもらわないと困りますから、やはり僕らの言うことは聞いてください。

 最近のピアスはがっちり外れないようにできているものもあって、外してない患者さんが緊急手術をしなければならないときはこちらが冷や冷やします。時間がないときはリングカッターで切断しますので、大切なものはあらかじめ外した方がよいでしょう。

 もっとも分娩後、切断されたことを理由に新しい指輪を買ってもらう手もあります。その際、15号ぐらいのサイズになっているのに「私は本当は7号なの」と言い張り、無理やりはめようとするのはおやめください。出産後すぐは指がむくんでいることも多いので、おねだりをするのは少なくとも1カ月健診が終わってからがよいと思います。(産科医・ブロガー 田村正明)

|

« 狭心症の新治療法 衝撃波当て | トップページ | WHO、多剤耐性菌の対策強化へ チーム発足を検討 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狭心症の新治療法 衝撃波当て | トップページ | WHO、多剤耐性菌の対策強化へ チーム発足を検討 »