« RSウイルス 風邪と侮ると危険な重症化の恐れ 乳幼児は注意 | トップページ | 「コレステロール高めが長生き」…「根拠乏しい」医師会など批判 »

2010年10月20日 (水)

ぜんそく発作 新たな物質…新しい治療法に道

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

「インターロイキン33」が喘息発作発症のカギの一つと判明したという。

リンク: ぜんそく発作 新たな物質…新しい治療法に道 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

東大チームなど

 ぜんそくの発作に強く関係している新たな物質を、国立成育医療研究センター研究所と東京大の研究チームが突き止めた。この物質は、アレルギー性疾患の主な原因とされる免疫物質(IgE抗体)がない状態でも発作を引き起こすもので、新しい治療法の開発などに役立つ成果だ。

 アレルギーの多くは、異物に対するIgE抗体の過剰反応で起こる炎症性疾患とされる。ぜんそく患者も炎症が見られたことから、発作は、ダニなどの死骸にIgEが反応して起きると考えられていた。

 同研究所の大保木啓介研究員らは、ぜんそく患者の体内でインターロイキン(IL)33という物質を作る遺伝子が多く発現していることに着目。この遺伝子を壊したマウスは、皮膚炎などIgE抗体によるアレルギー症状を呈したが、ダニには反応せず、大量吸入しても発症しなかった。

 同研究所は「発作には、IL33の役割の方が大きい。この物質の働きを抑えれば、ぜんそくの治療薬になる」としている。

(2010年10月20日 読売新聞)

日経バイオテクのサイトにによれば、

研究成果は、米科学アカデミー紀要(PNAS誌)オンライン版に、2010年10月11日に発表される。

という。

|

« RSウイルス 風邪と侮ると危険な重症化の恐れ 乳幼児は注意 | トップページ | 「コレステロール高めが長生き」…「根拠乏しい」医師会など批判 »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RSウイルス 風邪と侮ると危険な重症化の恐れ 乳幼児は注意 | トップページ | 「コレステロール高めが長生き」…「根拠乏しい」医師会など批判 »