« チクングニヤ熱を感染症に指定 | トップページ | ES細胞、初の臨床試験開始 米で脊髄損傷の患者に »

2010年10月 9日 (土)

子宮頸がんワクチン無料に…政府、年内見込む

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 子宮頸がんワクチン無料に…政府、年内見込む : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

ヒブ、肺炎球菌も

 政府は8日、若い女性が発症する子宮頸がんや乳幼児の細菌性髄膜炎などを予防できる3種類のワクチンについて、希望者が原則無料で接種できるよう公費補助を行う方針を固めた。

 年内にも無料接種を開始する考えで、2010年度補正予算案に関連経費を盛り込む。費用は約2000億円と見込まれ、国と地方で折半する方向で調整する。

 無料とするのは、子宮頸がん、インフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)、小児用肺炎球菌の各ワクチン。

 子宮頸がんは20~30歳代に患者が多く、推定で年間約2500人が死亡している。11~14歳でワクチンを接種すれば感染を7割減らせるとされるが、費用が5万円程度と高い。助成を求める要望が強く、地方自治体によっては独自に助成制度を設けているところもある。

 一方、ヒブと肺炎球菌の両ワクチンは乳幼児の細菌性髄膜炎などを予防する。細菌性髄膜炎は年間約1000人が発症し、約5%が死亡するとされるが、両ワクチンを接種すると費用は最大で計約8万円に上る。

(2010年10月9日 読売新聞)

関連過去記事

 子宮頸がんワクチン、国内初承認 09/09/01

 ワクチン20種類はどこまで安全なのか? 09/12/01

 子宮頸がん止めよう 読売社説 10/01/07

 がん治療ワクチン初認可…米FDA 10/05/03

 子宮頸がんと体がん 区別要望 10/06/15

木村盛代のメディカル・ジオポリティクスス カフェ で指摘の問題も値傾聴。
http://kimuramoriyo.blogspot.com/

|

« チクングニヤ熱を感染症に指定 | トップページ | ES細胞、初の臨床試験開始 米で脊髄損傷の患者に »

HPV」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チクングニヤ熱を感染症に指定 | トップページ | ES細胞、初の臨床試験開始 米で脊髄損傷の患者に »