« 北海道のカモから強毒性H5N1鳥インフルを検出 | トップページ | 赤ちゃんのミルクアレルギー増加 治療用ミルクで回復 »

2010年10月27日 (水)

多剤耐性菌に効く抗生物質コリスチン、使い方限定復活へ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 多剤耐性菌に効く抗生物質コリスチン、使い方限定復活へ : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 主要な抗生物質が効かない多剤耐性菌の増加を受け、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は25日、60年前に日本で発見され、その後使われなくなっていた抗生物質コリスチンを、多剤耐性菌への使用に限って復活させる方針を決めた。

 すでに英グラクソ・スミスクライン社が臨床試験を始めているといい、優先的に承認審査を進める。

 コリスチンは1950年、福島県内で採取された土壌細菌から発見された抗生物質。大腸菌や緑膿菌などに効果があるが、過剰投与すると神経障害や腎臓障害などの副作用がある。70年代まで盛んに使われたが、その後は使われなくなり、90年代に国内での製造が終了。承認も取り消された。

 だが、今年に入って、多剤耐性菌のアシネトバクターのほか、ほとんどの抗生物質を分解するNDM1酵素を持った大腸菌などが国内にも出現。多剤耐性緑膿菌も数年前から確認されていることから、これらに効くコリスチンを独自輸入する医療機関が増え、日本感染症学会などが早期承認を求めていた。

(2010年10月26日 読売新聞)

カテゴリー 新耐性菌はこちら。
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat41126797/index.html

|

« 北海道のカモから強毒性H5N1鳥インフルを検出 | トップページ | 赤ちゃんのミルクアレルギー増加 治療用ミルクで回復 »

新耐性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道のカモから強毒性H5N1鳥インフルを検出 | トップページ | 赤ちゃんのミルクアレルギー増加 治療用ミルクで回復 »