« 赤ワインで認知症予防 仕組み解明 名市大グループ | トップページ | 多剤耐性アシネト、感染状況を定点監視へ 厚労省 »

2010年10月 1日 (金)

第一三共、純国産インフル薬イナビル発売 10月19日から

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 第一三共、純国産インフル薬発売 10月19日から - 47NEWS(よんななニュース).

 第一三共は29日、開発段階から自社で手掛けた純国産のインフルエンザ治療薬「イナビル」を10月19日に発売すると発表した。

 粉末吸入剤のイナビルは専用の器具を使って服用。1回の投与で済む。昨年流行した新型インフルエンザにも効果がある。同社は年間最大1千万人分の供給体制を整えている。2010/09/29 17:26   【共同通信】

関連過去記事

4番目のインフル治療薬「イナビル」承認へ 10/07/30

 近く正式承認され、今秋にも発売される見通し。インフルエンザ治療薬としては、タミフル、リレンザ、ラピアクタに次ぐ4種類目となる。

 イナビルは、リレンザと同じ口から吸入するタイプ。タミフルやリレンザは1日2回、5日間の服用が必要だが、イナビルは1回の服用で済む。今年1月に発売された点滴薬のラピアクタも1回で効果がある。

カテゴリー インフルエンザはこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat34091390/index.html

|

« 赤ワインで認知症予防 仕組み解明 名市大グループ | トップページ | 多剤耐性アシネト、感染状況を定点監視へ 厚労省 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤ワインで認知症予防 仕組み解明 名市大グループ | トップページ | 多剤耐性アシネト、感染状況を定点監視へ 厚労省 »