« 新耐性菌 入院時既に感染 国内で拡大の可能性 | トップページ | 日本脳炎ワクチン、中止世代の子にも段階的に接種へ »

2010年10月 6日 (水)

NDM1持つ新型耐性菌、台湾で初検出 インドで感染か

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

これからどんな拡がりを見せるのか。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):NDM1持つ新型耐性菌、台湾で初検出 インドで感染か - アピタル(医療・健康). 2010年10月4日21時26分

 【台北=村上太輝夫】台湾行政院衛生署の疾病管制局は4日、遺伝子「NDM1」を持ち抗生物質がほとんど効かない耐性菌が台湾で初めて見つかったと発表した。肺炎を引き起こす桿菌(かんきん)だという。

 患者は台湾のテレビ局TVBSのスタッフ。インド・ニューデリーで9月19日、銃撃に遭い、撃たれた腹部の手術を現地で受けてから台湾に戻った。インドで耐性菌が広がっていることを重くみた疾病管制局が重点的に検査。見つかった菌はインドから持ち込んだものと判断した。今のところ発症はなく、感染拡大のおそれもないとしている。

カテゴリー 新耐性菌はこちら

|

« 新耐性菌 入院時既に感染 国内で拡大の可能性 | トップページ | 日本脳炎ワクチン、中止世代の子にも段階的に接種へ »

新耐性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新耐性菌 入院時既に感染 国内で拡大の可能性 | トップページ | 日本脳炎ワクチン、中止世代の子にも段階的に接種へ »