« ES細胞、初の臨床試験開始 米で脊髄損傷の患者に | トップページ | 肥満と糖尿病性腎症の関係解明へ 岡山大病院教授ら、500人を3年調査 »

2010年10月13日 (水)

新型インフル 期限切れワクチン、国が214億円分廃棄 

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

空騒ぎのツケが莫大な金額に!

リンク: asahi.com(朝日新聞社):期限切れワクチン、国が214億円分廃棄 新型インフル - アピタル(医療・健康). 2010年10月13日8時57分

 新型の豚インフルエンザの輸入ワクチンについて、厚生労働省は12日、ノバルティス社(スイス)から購入した約214億円分(健康な成人換算で約1660万人分)のワクチンを有効期限切れで廃棄したと発表した。

 厚労省は昨年10月、新型インフルの流行に備えてノ社やグラクソ・スミスクライン社(英、GSK)と計約9900万人分の輸入契約を結んだが、感染が下火になるなどワクチンの需要が低下。一部を解約したものの、使われずに余っていた。ノ社から購入した分の医療機関への出荷は約2500人分にとどまった。

 GSK社のワクチンの有効期限は1年半で、現在約5030万人分の在庫があり、2011年6月まで順次、有効期限を迎えるという。国産ワクチンについても、医療機関で余っていた239万人分(約37億円)を、卸など流通業者らが費用を負担して買い取った。すべて廃棄されるという。

 押谷仁・東北大教授(微生物学)は、「輸入した場合、接種できるようにするための承認手続きをどうするか、議論が不十分で、実際に使えるのが2月と遅れた。その意味では大きな対価を支払ってしまった。今後、新たなタイプのインフルエンザが発生・流行した時に備えて、態勢を作る必要がある」と話している。(月舘彩子、熊井洋美)

責任をとる人もなく、反省もなく・・・・なんですね。

|

« ES細胞、初の臨床試験開始 米で脊髄損傷の患者に | トップページ | 肥満と糖尿病性腎症の関係解明へ 岡山大病院教授ら、500人を3年調査 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ES細胞、初の臨床試験開始 米で脊髄損傷の患者に | トップページ | 肥満と糖尿病性腎症の関係解明へ 岡山大病院教授ら、500人を3年調査 »