«  漢方薬「苦参」使う幻の和紙 正倉院文書に | トップページ | 多剤耐性菌に効く抗生物質コリスチン、使い方限定復活へ »

2010年10月26日 (火)

北海道のカモから強毒性H5N1鳥インフルを検出

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

注目すべきニュースかも。

リンク: 北海道のカモから強毒性H5N1鳥インフルを検出 環境省 - MSN産経ニュース .2010.10.26 14:48

 環境省は26日、北海道稚内市の大沼で採取された野生のカモのふんから強毒性のH5N1型鳥インフルエンザのウイルスが検出されたことを明らかにした。大量死した野鳥などは大沼周辺では見つかっていないという。

 環境省によると、国内で野鳥から強毒性のウイルスが見つかったのは、2008年に秋田県十和田湖畔などでハクチョウの死骸から検出されて以来となる。

 環境省は大沼周辺で野鳥の大量死がないか監視を強化、稚内市は現場周辺の立ち入りを制限した。北海道大学が今月14日に採取したカモのふんを鑑定した結果、ウイルスの陽性反応があり環境省に伝えたという。

H5N1関連の過去記事

新型インフルエンザ対策ガイドライン 08/08/18

押さえこんだか? 新型インフル 09/12/14

インフル行動計画検証 強毒性への備え構築 10/02/03

カテゴリー インフルエンザはこちら。
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat34091390/index.html

|

«  漢方薬「苦参」使う幻の和紙 正倉院文書に | トップページ | 多剤耐性菌に効く抗生物質コリスチン、使い方限定復活へ »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

鳥インフルウイルスを検出=カモのふんから強毒性のH5N1-北海道稚内市―冬の季節がやってきた、インフルエンザには気をつけましょう!!
yutakarlson
yamada.yutaka@gmail.com
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/2uM0
こんにちは。また、インフルエンザの季節が近づいてきました。それに、鳥インフルエンザの発見も報道されています。私は、今年は主に二つの理由からインフルエンザが大流行するのではないかと思います。気をつけるにこしたことはないと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010年10月26日 (火) 22時13分

yutakarlson さん
たしかに心配ですね。
今夏の暑さで、冷房をきかせ過ぎ、冷たい飲食物をとり過ぎて身体に冷えがたまっている人が多いようです。夏場の養生の間違いのツケが、インフルにやられるという形で、まわって来る事になりそうです。

投稿: kiyohiko | 2010年10月27日 (水) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  漢方薬「苦参」使う幻の和紙 正倉院文書に | トップページ | 多剤耐性菌に効く抗生物質コリスチン、使い方限定復活へ »