« タミフル服用後に転落死、副作用の認定求め提訴 愛知 | トップページ | 25年度の医療費52兆円に 1・4倍、伸び率年2% »

2010年10月22日 (金)

骨粗しょう症治療薬で注意

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 骨粗しょう症治療薬で注意 医療新世紀 - 47NEWS(よんななニュース)2010.10.19

 代表的な骨粗しょう症治療薬「ビスフォスフォネート系製剤」を服薬中に歯を抜くと、あごの骨が腐ったり炎症を起こしたりする危険性が高まるとして、厚生労働省が注意を呼び掛けている。
 厚労省によると、この薬は国内で推定200万人が使用。5千~1万人に1人の割合であごの骨に異常が現れることがあるが、服薬中に歯を抜くと、その危険性が10倍になるという。昨年度は抜歯した人も含め84例の副作用が報告されている。
 厚労省は、処方する医師と患者や歯科医の意思疎通の大切さを強調。メーカーはこの薬を使う患者に携帯してもらうカードを作成し、10月下旬ごろから配布する予定

カテゴリー 薬のリスクはこちら

http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat32405761/index.html

|

« タミフル服用後に転落死、副作用の認定求め提訴 愛知 | トップページ | 25年度の医療費52兆円に 1・4倍、伸び率年2% »

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タミフル服用後に転落死、副作用の認定求め提訴 愛知 | トップページ | 25年度の医療費52兆円に 1・4倍、伸び率年2% »