« 先天性心疾患の原因発見 カルシウム調節の異常 | トップページ | アシネトバクター 院内感染 9人死亡か 帝京大病院 »

2010年9月 3日 (金)

高コレステロール=長寿、脂質栄養学会が指針

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 高コレステロール=長寿、脂質栄養学会が指針 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 コレステロール値は高い方が長生きで良いとする指針を、医師や栄養学者らで作る日本脂質栄養学会がまとめた。

 3日から愛知県で開かれる同学会で発表する。高コレステロールは心臓病や脳卒中の危険要因であり下げるべきだとする現在の医療は「不適切」としており、論議を呼びそうだ。

 現在の基準は、LDL(悪玉コレステロール)が140(ミリ・グラム/デシ・リットル)以上かHDL(善玉コレステロール)が40(同)未満、もしくは中性脂肪が150(同)以上だと高脂血症と診断される。

 日本動脈硬化学会が作成した。メタボ健診の基準もこれを基にしている。

 日本脂質栄養学会が今回まとめた「長寿のためのコレステロールガイドライン」は、「現在の基準値は基になる具体的なデータが示されていない」と主張。

 コレステロールが高いほど死亡率が低かったとの大規模研究や、コレステロールを下げる薬を服用しても心臓病の予防効果は見られないとする海外の近年の研究から、指針をまとめた。

(2010年9月3日05時04分  読売新聞)

やっと正しく軌道が修正される機運が強まってきた。

医療界ではなくて栄養学界から起こっていることで、背景が推察できる。

関連過去記事

脳卒中死亡率、コレステロール値高い方が低い!? 10/07/13

悪玉コレステロール測定法 昔に戻る 10/04/28

血糖値高めが死亡率低い 10/01/30

現代医療の常識は時とともに変化していく。

2010年の医療新常識もまた書き換わって行く。

2010年医療新常識 10/01/11

|

« 先天性心疾患の原因発見 カルシウム調節の異常 | トップページ | アシネトバクター 院内感染 9人死亡か 帝京大病院 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先天性心疾患の原因発見 カルシウム調節の異常 | トップページ | アシネトバクター 院内感染 9人死亡か 帝京大病院 »